読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アドレスとボールの位置の関係について

スポンサーリンク

ドライバーを打っていて、フト、気になった・・

 

なぜ、ボールを、左足かかと前方に置くのか?ってこと。

 

見渡すと、ほぼ全員、金科玉条のごとく、それを守っているようです。

 

知ってますよ! クラブヘッドが最下点を過ぎ、上昇していく途中に

ボールを置き、アッパー軌道で飛ばすってことですよね。

 

大体、このルール(?)は、いつ頃、定着したのでしょうか?

 

昔に比べれば、クラブの長さも違うし、

ヘッドやシャフトの機能も格段に進歩しています。

 

それを打つ人間だって、身長も違えば、骨格だって異なります。

それなのに、ボール位置が変わらないって、何か変ですよね。

 

でも、異論を唱える人が出ないということは、科学や物理でゴルフを

検証すると、それが正しいということでしょうか?

 

あるプロはこう言います「左脇前方がいい」って。これも微妙ですよね。

 

また、あるプロは「フックを打ちたいときは、ボール一個分左にずらす、

逆に、スライスは、一個分右に置く」、と話しています。

 

つまり、左にずらしたときは、クラブヘッドが、正面を過ぎ、

閉じ気味になった時にボールに当たるから、フック。

 

右に置けば、まだ開き気味だから、スライスがかかるという理論です。

 

理解はできます、でもこれは、プロが正しい立ち方ができるという

前提があっての話です。

 

そもそもアマチュアで、真っすぐ構えてる人なんてめったにいません。

f:id:t6911:20161107192245j:plain

 

少なくとも私は、真っすぐ、立ててないそうです、

いつも友人から、

「今、右向いてたよ!」って、打ったあとからよく言われます。

 

《言うなら、打つ前だろ!》

 

《いいんだよ、オレは肩のラインで合わせてんだから》

 

《オレは、右からドローで狙ってんだ!》って言いたいところですが、

 

そのまま、右にプッシュの場合が多いので、何も言わず、

ただ黙って、ウン、ウンと頷いてます、けど。

 

プロだって、ティーショットを打つ前に、

後方から、キャディーさんに見てもらい、

OKもらってから、打ってますよね、

あれも、どうだかなって、思いますけどね!?

 

誤解を恐れず、言ってしまえば、ボール位置なんて

あってないようなものです。

 

皆さんも練習場のマットの線なんかに合わせてアドレスしてるから

ボール位置も、キチンと左足カカト線上に置けるけど

コースでは、割合、いい加減ではないでしょうか。

 

結果、右に出たり、左に曲がったり。

そんな人、多くないですか?

 

一度、染み付いた自分のアドレスは、なかなか変えられません。

 

今の右向きや、左向きアドレスで、いいんです!

 

そのアドレスで、真っすぐ打てるボール位置を探すことです。

 

練習場で、いつもと違うターゲットに構えます、

一番左のポールとか、その反対とか、そのくらい極端にです。

 

そして、先入観なしで、ボールに対してポンと構えます、

そして打ってみます・・。自分は普通に構えて打てば、大体、

こういう球がでるんだって分かります。

 

それからその修正作業に取り掛かります。

 

ボールを、前に出したり、中に入れたりして打ってみます。

 

続けていくと、ターゲットに飛んでいく球が出るように

なってくると思います。

 

そこが、あなたのボール位置なんです。

そのときのボール位置、つまり、両足とボールの三角形を、

自分から見た【絵】として、取り入れるのです。

 

コースに出たとき、この【絵】で、アドレスするのです。

ティグラウンドが、コースの向きと全く違っていても、

両サイドにOBが迫っている狭いホールでも

ビビらずに、打てるようになります。

 

 邪道かもしれませんが、これが本当の実戦に即した練習といえませんか?

 

いつの間にか、ボール位置の話だかアドレスの話だか

分からなくなってしまいましたが、

つまり、誰かや、何かに、自分を合わせようじゃなく、

自分のスタイル、自分のゴルフを持ちましょうって話です。

 

プロだって、右向きの人、結構いますよ!

正しいアドレス取ったって、ミスするのが、ゴルフですもん!