読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

男子ツアー部門別ランキングを見て・・

スポンサーリンク

今季の男子ゴルフツアー部門別順位が発表になりました。

賞金ランキング10位までは、以下のようになっています。

 

 

  1. 池田勇太  2億790万1567
  2. 谷原秀人  1億7190万2867
  3. 金 庚泰  1億1371万4688
  4. 宋 永漢  9156万2130
  5. 片岡大育  8601万9113
  6. 小平 智  8367万4671
  7. 松山英樹  8000万
  8. 朴 相賢  7796万1852
  9. 片山晋呉  6321万9233
  10. 今平周吾  6160万3069

松山英樹は、今季、日本では2試合のみの出場で、

部門別では、算定基準に足りていません。

ちなみに、出場した、その2試合とも優勝でした。

優勝賞金(4000万+4000万)で8000万です、すごいですね。

 

それでは、この賞金ランク上位10人は部門別ベストテンでみると

それぞれ何位に入っているのでしょう?

f:id:t6911:20161124145224j:plain

 

パーオン率

4位、谷原  6位、池田  9位、今平  10位、金

 

パーセーブ率

1位、金  2位、谷原  3位、宋  4位、池田  5位、今平

6位、片岡

 

平均パット数

1位、池田  2位、片岡  3位、谷原  4位、宋  7位、金

 

ドライビングディスタンス

一人も入っていません。ちなみに、小平の14位が最上位です。

 

平均ストローク

1位、池田  2位、谷原  3位、金  4位、宋  6位、片岡

8位、今平

 

見えてきますね、誰だってわかります。

そんなに飛ばなくても、アプローチ、パットが上手ければ

勝てるということ。

 

逆に言えば、たとえ飛ばしても、ドライバー以下のショットが

よくないと、上へはいけないということです。

 

グリーンに近くなってからが、本当の勝負だって

ことですね。

 

「シングルになろうと思ったら、まず、パーオン率を

意識しろ!」と同時に、「外した時のアプローチを磨け!」って

よく先輩から、言われました。

 

レベルの差こそあれ、同じゴルフというゲームでスコアを

競う以上、先輩の話は間違ってはいませんでした。

 

問題なのは、最後に先輩が「大事なのは、最後のパットだ!」って話を、

どうも私は、聞き洩らしていたようです。

 

それから、私の不運は今も続いています・・・

 

www.tatsujin72.com