達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

女子ゴルフ、韓国人選手の強さとは・・

スポンサーリンク

1対15で、韓国に完敗! 堀琴音がただ一人、引き分けに

もっていくのが、精一杯。

4ツアー対抗女子ゴルフの優勝決定戦です。

まあ、負けるにしても程がある、って思った人は私だけじゃ

ないでしょう。負けても二位って?、そもそもアメリカツアーは参加

してないし。

しかし、なんでしょう?この韓国選手の強さ!

昔から、その強さは、「ハングリー精神にあり」、と言われてきましたね、

今回、それについて、私なりに考えてみました。

韓国では子供が小さいうちに、進むべき道を決める(決められる?)そうです。

抜群の才能、能力を持つ子が進むスポーツの世界と、学問勉学の世界。

そのどちらかです。

後者については、もう皆さん、報道でご覧になったことはあるでしょう、

日本から見たら、異常に映る受験戦争です。

家族が必死に祈っている映像や、開始に遅れそうな受験生を乗せて

走っている警察車両、企業も一時、生産ストップです。

ご存じのように、韓国は超学歴社会。これは受験生だけの問題だけ

ではなく、その一族の戦争ともいえます。

受験生はこれを勝ち抜き、最終的に財閥系企業に入ることが人生最大の

目的としています。それが「人生の成功者」といわれるからです。

それもほんの数パーセント、ひとにぎりの人たちだけです。

それ以外は、経済格差の厳しい韓国社会で、かなり困難な生活を

強いられることになるのです。

だから、勝たなければいけないんです。

 

また、経済的余裕のある家庭では、教育にありったけの金を使い、

子供達に英語を習わせます。そして子供達は成功を勝ち取るため、

韓国を出て、世界に飛び出していくのです。

 

片や、スポーツ界、これも厳しい競争の世界です。

親、親戚たちは、金銭面でも、精神面でも、あるものすべて

子供に注ぎ込みます。その子に自分たちの夢をみるんですね。

そしてその子たちは、祈るような期待を一身に背負い、

成功するためにあらゆる努力をします。

戦場とするその国の言葉だって、すぐ覚えます。

成功を勝ち取るためには、努力は惜しまないのです。

 

ゴルフに関して云うと、韓国の女子ツアーは、まだまだ

規模も小さく、賞金額も大きくありません、稼ぐチャンスの

多い日本にやってくるのは、当然のことです。

そもそもバックグラウンドが違うんです。

f:id:t6911:20161205140104j:plain

 

以前、かなりの成績を挙げた、日本の女子選手の一人が、

「アメリカツアーには行きません、日本で頑張ります」と、

公言してました。

わざわざ、言葉の分からない国に行って、

苦労したくないのかもしれませんが、私は、すこしガッカリでした。

「チャレンジ精神はないのか」「自分の実力を試したくないのか」って

思ったんです。

 

日本では、ちょっとした成績でもスポンサーが付き、マスコミにも

取り上げられ、ゴルフ以外でも、お座敷がかかり、CMなんかでも

付けば、ゴルフに勝たなくたって、充分、生きていけます。

見栄えの良いファッションや化粧法の勉強でもしているのでしょうか?

 

韓国の選手が強いのは、当たり前です。

 

www.tatsujin72.com

 

今年の賞金ランクは、10位までに、6人の韓国人選手が入っています。

この結果を、日本人選手はどう感じているのでしょうか?

来季はぜひ、日本人選手にも頑張ってもらいたい。

イ・ボミだけじゃないよと、気概を示してもらいたいものです。

 

 

話は変わりますが、17歳、畑岡奈沙がアメリカツアーの出場権を

獲得しました。素晴らしいですね、そのチャレンジ精神に大拍手です。

 

もう一つ、女子スキージャンプ高梨沙羅が優勝インタービューで

たどたどしいけれど、ちゃんと英語で受け答えしてました、素晴らしい。

 

若い世代は、立派に、世界に羽ばたいているようです。

おじさんはすこしホッとしています・・・・。