達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

この練習から始めよう。

スポンサーリンク

練習場に行くと、

やはり、ドライバーを手にした人が多いようです。

 

確かに、飛ばしは、快感を得られるし、

これこそゴルフの醍醐味ですからね。

 

コースでは、たいていドライバーショットから

スタートしますから、いきなりミスして、

落ち込みたくないって気持ちはよく分かります。

 

よく見てみると、体を使っている割に、あまり飛んでない人、

 

無理やり球を上げようとする、いわゆる、明治の大砲の人、

 

又、重いスライス病に罹っている人・・・

 

それぞれ、皆さん、悩みは深いようです。

 

私は思うんです。

すでに、その人の飛距離は、決まってしまっているんじゃないか?

 

私は解らない時があります、

大柄で、力が有りそうなのに、そんなに飛ばない人、

 

小柄なのに、そしてヘッドスピードもそんなに無さそうなのに、

結果的に飛んでる人。

 

不思議に思うことがあります。

そんな人、貴方の周りにもいませんか? 

 

今更、どれだけドライバーを打ち込んでも、

ある程度、スイングが固まった人は

今の自分の飛距離プラス20ヤードは、

不可能ではないでしょうか?  

(ごめんなさい!私はあえて言っちゃいます)

 

毎日、筋トレに励み、走り込んで、土台を作り、

毎日、徹底的に打ち込みをし、

同時に、パワーを効率的に伝えるスイングを再構築し、

なおかつ、自分のスイングにピッタリ合った

最適のドライバーをフィッティングでもしてもらったら、

話は別ですよ。

 

そんなこと出来ますか?  そんな時間ありますか?

 

ただ飛ばすだけの熱意を、

真っすぐ飛ばす情熱に変えられませんか?

 

一発の曲がった260ヤードより、

曲がらない220ヤードを目指すのが

方向としては、私は正しいと思っています。

(スコアは無視の飛ばし命!の人は別ですよ)

 

「ボールを打つんじゃなく、スイングしましょう」・・・

 

「途中にボールがあるイメージで振るんです」・・・

 

「一気にフィニッシュまで、もっていきましょう」・・・

 

と、レッスン書や上級者のコメントによくありますね。

よく分かります、その通りでしょう。

 

否定はしませんが、でも、実際、目の前にボールがあるんですよ、

ヒッパタイテくれと、いわんばかりに。

 

なかなか難しい注文ですよね。

 

私は言いたいんです、

まず、小さいスイングから始めましょうと。

小から大にいくのが、普通でしょ、って。

 

体の使い方より、まず、手の振りを意識して下さい。

体重移動やフィニッシュは、意識しないでいいでしょう。

 

ハーフスイングで、体の正面で球を捉える気持ちです。

まず、 150ヤードくらい飛ばす練習から始めましょう。

 

それがまっすぐ飛ぶまで、練習するんです。

 

アドレス、手の位置、体重のかけ方、腕の使い方、

ヘッドをどこに落としてくるかと、

あれこれ考えながら・・練習するんです。

 

この(あれこれ)が、大切なんです、実は!

 

f:id:t6911:20161120210429j:plain

 

 

そして、ドライバーのフェイスが

今、どちらを向いているのかを常に意識しましょう。

 

手が、今、この位置なら、フェースはここを向いているのか、

と、一つ一つ、確認しながら練習してください。

 

これが、最大のポイントです。

 

ただ、ヤミクモニ振っていては、

いつまでたっても上達は望めません。

ヘッドの動き(フェース)が理解出来ないと

進歩はないと思って下さい。

これは、絶対ですよ!

 

地道に練習を重ねれば、必ず、見つかります、

貴方のスイングプレーンが。

自分のスイング軌道が確立されれば、

曲がらない、そしていつもよりはるかに前へ飛んでいる

美しい弾道を、手に入れることができるでしょう。

 

思い切り打ちたい気持ちはわかりますが、

グッと我慢ですよ。

私も当たりが悪くなると、この練習に戻ります。

 

ゴルフに近道はありません。

上手くなるためには、地道に練習し、

常にゴルフのことを、想うことです。

 

頑張った貴方にはゴルフの神様が微笑むかもしれませんよ?

 

それとも、ゴルフの女神の方がいいですか?!