達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人とゴルフという名の修行

スポンサーリンク

 

もう30年前の話です。

弟の方が、先にゴルフを始めていて、何度も「行こう」、「行こう」と

誘われていたのですが、当時、私は社会人のサッカーチーム(弱い!)に、

入っていましたし、ゴルフなんぞ、⦅簡単そうだし、もっと年くってから

でも、出来るわ⦆、とナメテましたし、興味もありませんでした。

それでも、弟があまりにしつこく誘うので、断り切れず、一か月後の

コースデビューを約束したのです。

それから、何回か、練習場に通い、デビュー戦は、近くのゴルフ場の

夕刻プレー・・・

当然、まともに当たらないし、スコアなんか付けられる状況じゃ

ありませんでしたが、終盤、打ち下ろしのロングの2打目でした、

打ち放たれたボールは、快音を残し、夕闇迫る中、美しい軌跡を

描き、グリーンに着弾したのです。

 

この瞬間、<これだ!><コレ、コレ!>と、心の中で叫びました。

次の日、サッカー辞めました。

年齢的にも、そろそろかなと思ってましたし、

難解で、面白く、そして不思議なこのスポーツに、一発で魅了された

からです。これから、長く楽しめそうだし、なにより、

あの手に残る感触を、又、味わいたいと思ったからです。

f:id:t6911:20161120210352j:plain

 

もうそれからです、毎日のように、練習場に通い、家では素振り、

ゴルフ雑誌を読み漁り、開眼しては、閉眼のくり返し。

練習をすればするほど、ゴルフの奥深さを知りました。

やっとそれなりの上達を実感できるようになった頃、

大好きなゴルフを止めざるを得ない状況になってしまいました。

 

訳あって、仕事を辞めたからです。

子供もまだ小さかったし、ゴルフなんかやってる場合では

なくなったのです。悔しかったけど、すべて自分の責任。

ゴルフクラブはすべて手放しました。

当然、練習場とは無縁になり、素振りもできません、テレビの

ゴルフ番組も、全く見る気にもなりませんでした。

 

何とか、食いつなぎ、数か月後、有難いご縁をいただき、

やっと希望の仕事を見つけることができたのです。

私には、とても、とても、長い期間に思えました。

 

仕事にも慣れ、やっと生活も落ち着いた頃、家人のOKも出ました。

また、晴れて、ゴルフを再開できることになったのです。

 

友人たちから、クラブを貰ったり、安い中古クラブを買い揃えて

しばらくぶりに、ティーグラウンドに立った時のあの感激は

今でも忘れていません。

 

その後も、何度かゴルフを中断せざるを得ない時期がありました。

仕事のこと、家庭のこと、親のこと・・

なかなか、人生は思うようにはいかないものです。

 

でも、今、こうして皆さんと一緒にゴルフを語れること、

本当に幸せだし、ありがたいことです。

f:id:t6911:20161124145119j:plain

 

大自然のなかで、球を無心に追いかけ、

柔らかい日差しを浴びて、深呼吸。

遠くグリーンの旗に風を感じ、

緑のフェアウェイで、友と語らう。

ゴルフ場に咲く花々で、四季を感じ、

ナナカマドの赤を知る。

まさに、大人の遠足です、今でも子供のころのそれと

同じように待ち遠しい。

f:id:t6911:20161125144406j:plain

 

ゴルフに出会えたことに感謝です。

ゴルフができる健康に感謝です。

とりあえず、安い料金設定日にしか出られなくても感謝です。

世の中には、したくてもできない人が大勢いるんですから。

感謝するということは、それに真剣に向き合うことだと

思っています。ゴルフは自分を写す鏡です。

ゴルフという名の修行です、

昔、先輩が言ってました・・

「90切ったら、一人前。100切ったら、趣味がゴルフって、人にいっていい。

切れなかったら、ゴルフみたいなもんをやってますっていうんだ」。

 

これを見てくださっている貴方なら、ぜひ80台に挑戦してください。

挑み続けることが尊いのです。

又、一ランク上の素晴らしい世界が広がっていますよ・・

 

www.tatsujin72.com