読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

テキサスウェッジ?

スポンサーリンク

残念! わずかにグリーンに届かず、

エッジまで、5ヤード、ピンまで20ヤード。

 

さて、貴方はどのクラブを、もっていきますか?

 

いつも、1本のウェッジで、対応してるんでしょうか?

 

ボールのところまで行ってみて、

⦅これで、いけるかなー?⦆と、

何となく不安に思ったことはありませんか?

 

カートは遠いし、もう自分の番だし・・

 

⦅ま、いっか⦆。 結果は、ザックリ、トップ。

 

貴方は、自虐的につぶやきます、「ああ、やっぱり」

 

やっぱりって、何?、初めから、失敗は想定内?

 

こんなことにならないためにも、アプローチをするときは

2,3本、もっていく癖を付けたいものです。

 

そこで、状況を確認し、判断し、チョイスして、トライする。

 

そのことが、貴方のゴルフの引き出しを増やしてくれます。

 

ミスをするなら、納得してミスをしましょう。

f:id:t6911:20161120210317j:plain

 

え、私ですか?

私だったら、この状況なら、51度のウェッジかな?

 

ボールを右足寄りに置いて、ランニングアプローチですね。

 

テークバックは45度、上からコツンと打ちます、

テークバックとダウンスイングは同じスピード、

体重は、左のままです。

 

こんな距離でも、ロフトの大きいウェッジで、

ボールを上げてくる人がいますが、

大きすぎたり、短かすぎたり、

距離のバラツキが目立ちます。

 

ぜひ、試して下さい、

この方が、よりシンプルだし、

大きなミスには

ならないと思いますよ。

 

あ、そうだ! パターだって、アプローチできますよね、

ライが良ければ、グリーン外からでも、寄せられます。

 

順目、逆目の判断と、

それぞれ打つ強さは、経験が要りますが、

一番安全な方法といえるかもしれません。

 

《テキサスウェッジ》という言葉を知ってますか?

 

昔、パターでの寄せを、そう呼んでたみたいですよ。

 

「そんな古いこと、知らねーよ」

 

そうでしょう、だって私も、

今、思い出したんだから・・