達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

狙うのは、常に真ん中

スポンサーリンク

さて、グリーンを狙えるところまで、運んできました。

 

エッジまで、100Y、ピンまで120Yくらいでしょうか?

 

風はあまり気にしなくて良さそうです。

ショートアイアンで、狙える距離です。

 

練習場なら、そんなにミスしない距離ですが、

コースでは、結構こんな距離でも外してしまいます。

 

グリーンを狙うショットと、

ロングホールの2打目の刻みとは、

心の持ちよう、プレッシャーのかかり方が違います。

 

こんな距離だから、

⦅乗せたい⦆,⦅できれば、ピンそば⦆に打ちたいと、

【欲】が、出ちゃうんですね。

 

気持ちが、目の前の一打より、

もうピンに行っちゃってるからです。

 

ダメです・・・!

ピンが、たとえ左右に振っていたとしても、

狙うのは、グリーンの中央ですよ!

 

そう思っていても、知らず知らずのうちに、

体がピンを向いてます。

 

気持ちも、視線も、アドレスも、

しっかり中央に合わせてくださいね。

 

結局、グリーン中央が、ピンにいちばん近いんですから。

f:id:t6911:20161121180857j:plain

 

 

ギリギリのピンを狙って、外し、ラフからの短い距離の

アプローチが残ったら、難しいですよ。

 

中央を狙って打てば、たとえミスしても

グリーンのどちらかの端っこには、引っ掛かります。

 

⦅ピンをデッドに狙う⦆、それはプロが使う言葉です。

 

 

グリーンに行ってみたら、

結構デカいな、と思ったことあるでしょう?

 

グリーンはたいてい横長で、

縦長なグリーンは、あまりありません。

 

そうです、気楽に真ん中あたりに打っていけばいいんです。

 

乗らなくても、アプローチの練習ができると思えば、

プレッシャーもなくなるでしょう。

そんな気持ちが、体の動きを滑らかにするんです。

 

いい結果に結びつくことだってあります。

ひょっとして、<ナイスオン>、<バーディチャンス>

てなことになっちゃうかも。

 

困ったね、

それはそれで、プレッシャー掛かっちゃうもんね!?