読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

もう失敗しない、谷越え。

スポンサーリンク

ゴルフを始めて間もない頃は、

必ず、と言っていいくらい打ち込んでいました。 

そう、谷越えとか池越えのショット。

 

今でも苦手です、貴方も「ウン、ウン!」と、頷いているかも。

 

先輩たちによく言われました、

「谷に打ち込むつもりで、打ってみたら?」

私は、見事に打ち込みました。

 

他の先輩は「そんなもん、視界から消せばいいんだよ!」とも言われました。

・・ムリ、ムリ。

 

また、ある人は、「逃げて、安全な所に打ってったら?」

谷越えのどこに逃げる場所があるんでしょう、

これもムリな話ですよね。

 

魅入られるように、打ち込んじゃうのは、どうしてでしょう?

 

苦手意識が、知らず知らずのうちに、

打つまでのルーティンとか、

スイングのリズム、テンポを速くさせます。

 

<絶対、向こう側にとどかせたい>、<越えた所を早く見たい>、

<この状況から、早く逃れたい>、という意識です。

 

そして、いちばんいけないのが、

ボールを持ち上げようとすること。

 

トップでの、一瞬の間がなく、

いきなり手を使ってしまうことによって、

当然、体重は右足に残ったままで、

結果、大ダフリ、

 

力なく、ボールは、谷や池に吸い込まれていく・・・・

こんなケースが多いんじゃないでしょうか?

f:id:t6911:20161119084527j:plain

 

じゃあ、どうするか?

腰を水平に回転することです。

 

私が、自分のスイングにおいて

いちばん大切にしているポイントです。

 

打つ前に「ゆっくり、ゆっくり」と、

自分にいい聞かせ、

 

1、で、軽く左足を踏み込んで、

2~で、トップまでいき、切り返す、

3~で、腰を水平回転するだけです。

 

 

手には、越える距離のクラブを持っているんです、

リラックスです。

 

そして、いったんアドレスしたら、

何度もターゲットを見ない様に!

見るたびに、体が硬くなってしまいます。

 

越えれば、どこでもいいや、と気楽な気分で、

1,2の、3~ンで、腰を回転させるだけ。

 

ぜひ、練習してみてください。