読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人のウェッジは、Xウェッジ2007

スポンサーリンク

 

私のウェッジのセッティングを

改めて紹介したいと思います。

 

ウェッジは、51度、56度、58度の3本セットにしています。

 

ウェッジ大好きな私は、かつて50度、52度、54度、

60度など色々試しました。

 

メーカーもタイトリストフォーティーン

クリーブランドキャロウェイプロギア・・・

あまり知られていない地クラブなんかも使ってみましたが、

 

現在は、ブリジストンXウェッジ2007に落ち着いています。

 

ヤフオク落札した中古品です。

 

まず、58度を手に入れて、コースで使ってみたところ

結果が良く、あとの2本も、Xウェッジで揃えたのです。

 

実は、発売当時から、気になっていたクラブでした。

 

私がこれを気に入っている理由は、

 

●何といっても【顔付き】、

つまり、フェースの形ですね

 

●そして、程よいフェースの大きさ

 

●抜けが良いソールの形状

 

●アドレスした時の座りの良さです

 

ピタッとアドレスが決まると、いいイメージが湧きますね。

 

f:id:t6911:20170130154253j:plain

 

 

相当古いクラブになり、黒染めもかなり剥げ

傷もありますが、まだ溝も残っているので

これからも、しばらくは使い続ける予定です。

 

私の使い分けは、アプローチショットに関して言うと、

51度は、ランニングアプローチ
56度は、ピッチ&ラン、バンカーショット
58度は、短い距離のピッチ&ラン、ピッチショット

 

大雑把に言えば、こんな感じになるでしょうか。

 

昔は、どちらかというと、サンドウェッジ1本で、

ピッチ&ラン主体のアプローチばかりでしたが、

やはりピンに寄る精度が不安定でした。

 

手先で合わせて、ダフったり、ライが悪い所だとトップしたり、

アプローチが生命線の私には、致命傷でした。

 

そんな時、ランニングアプローチを試してみたところ、

     《いいじゃないですか・・》

スイングも小さくなるので、インパクトミスも減りますし、

その分ピンに寄る確率も増えたのです。

 

ランニングを覚えてから、本当に楽になりましたし、

アプローチの楽しさを再発見しました。

 

新たな引き出しが増えた喜びは、

アプローチ磨きに、拍車をかけました。

 

f:id:t6911:20161120210352j:plain

 

バウンスは、それぞれ、8度、12度、8度です。

 

56度のウェッジはバンカーで多用するので、

12度のものにしています。

 

58度は余程ピンが近いとか、アゴが高いときは、

使用しますが、結果はあまり良くありません。

 

私の58度は、バウンスが少ないので、

ソールの落とし所に、神経を使いますし

どうしてもスイングにバラツキがでて

飛距離も安定しません。

 

その点、56度はバウンスがあるので、ボールの手前に

トーンと落とせば、簡単に脱出します。

 

58度ほど、神経を使う必要はありません。

私のようなバンカーが苦手の人は、

56度で充分じゃないでしょうか?

 

あなたも、ウェッジ探しの旅は続いていると思います。

 

自分の意志がしっかり伝わるような、

お気に入りのウェッジを

見つけられるといいですね!

 

www.tatsujin72.com

m

www.tatsujin72.com