読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットは想像力

スポンサーリンク

パターを打ち出す方向は、当然カップに向かってですが、

グリーンに傾斜がある場合は、話が違ってきます。

 

前後左右から観察し、どれくらい曲がるのかを判断します。

 

その曲がりの頂点に打ち出します。

 

スタンスも、その頂点に合わせます。

 

打ち出す強さは、以前にも書きましたが、

まず、頭の中で、何度かボールを転がして、

そのスピードと軌跡をイメージしてみるんです。

 

当然、他の同伴者のパットも大いに

参考になるでしょう。

そのイメージを焼き付けてから

打ちましょう。

 

パットは想像力です。

 

しっかり働かせましょう。

結果はどうあれ、この作業をルーティーンにして下さい。

この蓄積が、パット上達のカギです。

f:id:t6911:20161117085557j:plain

 

ただ、パッと見ただけで、淡泊に打ち、ああ、強かった、弱かった

だけでは、いつまでたっても、上達は見込めません。

 

又、打つ前に、素振りをする人は多いですが、

ただ漫然としているように見えます。

 

振り幅を決めて、本番と同じストロークの素振りを

してみたら、どうでしょう?

 

素振りを本番の一部にしてしまうんです。

 

そして、大事なことは、インパクトが、強くならないように

しましょう。

 

テークバックとフォローを同じスピードにします。

 

毎回、インパクトの強さが変わっていたら、

せっかく蓄積されたものも活かせません。

 

アベレージでも、上級者に勝てるのが、パットです。

 

ゴルフは、両耳の間でするスポーツって、いいますよね!