読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ダフりを止める特効薬を差し上げましょう

スポンサーリンク

 

ドスッ!

イヤな感触が手に残った。

・・・ダフってしまった。

 

せっかく、いいティーショットを打ったのに・・

 

2打目のアイアンは、わずか、数ヤード飛んだだけ、

本当に、がっかりですね。

 

どうして、ダフってしまうのか?

 

 

きっちり、ボールにコンタクトさせようとするあまり、

体が固くなり、スムーズな体の回転ができていないのでは?

 

同じように、キッチリボールに当てようとして、

打つ瞬間、頭や体が沈み込んでいませんか?

 

もしくは、ボールを、左に置きすぎではありませんか?

 

ボールを上げようとする意識が強すぎませんか?

ボールは、あなたが上げるのではなく、クラブのロフトが

上げてくれるのです。

 

インパクト時、手首のコックが早くほどけていませんか?

これも、すくい上げようとするからです。 

 

上げようとすると、体が伸びあがるのに、

逆に、手は下に落ちて、ダフってしまうのです。

 

体重が右足に多くかかっていませんか?

これも、同じように、上げようとする気持ちがそうさせるのです。

 

ボールのライや傾斜の判断は?

傾斜と水平に立てないと、当然、ダフりやすいですよね。

 

ダフる原因は、一つだけではありません、

複雑に絡み合っている場合もあります。

 

私の私見ですが、

ダフってばかりの人は

球を上げようとして、右足体重になっている、

インパクトの瞬間は、必ず、右肩が下がっている、

そんな傾向があるように感じます。

 

f:id:t6911:20161222201037j:plain

 じゃあ、ダフらないためにどうしたらいいか?

 

ダフらないコツは・・・

 

まず、ボールを凝視しないで、ボーっと見ることです。

 

肩の力を抜いて、リラックスしましょう。

 

ボールは、両足の真ん中、もしくは、若干左に置きましょう、

そうすれば、自然と、体重は左寄りになります。

 

当てにいかないで、スイングしましょう。

 

コンパクトなトップで、クルっと、腰を水平回転させるのです。

 

もしくは、ダウンスイングに入ったら、

左腰を後ろに引くイメージです。

 

f:id:t6911:20161124145119j:plain

 

 

それでも、ダフりが止まらない場合、

 

※ おススメの特効薬は・・・

 

ボールを上げようとしないで、逆に、地面にボールを

打ち込むような意識はどうでしょうか?

 

その意識を持てば、クラブのヘッドは、上から入ります。

左に体重をかけたままで、体重移動は意識しないでいいでしょう。

 

右斜め上から、45度くらいの角度で、ボールの赤道めがけて

振り下ろしてください。

 

スイングはコンパクトに、

大きなスイングは必要ありません。

 

距離は出ませんが、とりあえず、ダフりの連鎖は止められます。

 

コースで、ダフりが頻発したら、思い出して下さいね。

 

でもこれは、正規の処方箋ではありません、

副作用があるかもしれません?

 

ラウンド後、自分のダフリの原因は何なのかを、

しっかり把握してスイング調整をして下さい。