読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

パットはMY 物差し

スポンサーリンク

100前後の方は、

左右に大きくパットがぶれることは無いと思いますが、

なかなか縦の距離感が合わないのでは、ないでしょうか。

 

いつも、カップだけ見て、「大体、これくらいかな?」で、

打っていてもいつまでたっても、距離感は身に付きません。

 

まず、右足から、左足の振り幅で、

どれくらい(何歩分)転がるのかを

覚えましょう。

 

例えば、それが、貴方が、普通に歩いて、

6歩分だったとします、

これを、貴方のMY物差しとするんです。

 

グリーンに乗ったけど、長いパットが残ったとしましょう・・・

歩いてみたら、12歩だった。

 

つまり、感覚としては、

MY物差しの倍くらいだな、

と考えて打ってみるんです。

 

傾斜、芝目がありますから、

こんなに単純ではありませんが、

ちゃんと距離を測って、

同伴者のボールの転がるスピードも観察し、

「じゃあ、これくらいでいいな」と、

決めて打っていくんです。

 

毎回、情報を仕入れずに、無頓着に打つより、

この作業を繰り返すことによって、

最初は、なかなか上手くいかなくても、

だんだんアジャストできるようになり、

パットに関する感性も徐々に磨かれます。

 

学習能力を最も求められるのが、パットです。