読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

グリップについて

スポンサーリンク

100前後で、頭打ちのゴルファーは、

それは、グリップの問題かもしれません。

 

初めのうちは、どうしても自分が握りやすく、

力を入れやすい握り方をしてしまいます。

 

左手が被りすぎているひと、

 

右手を横から握るひと、

 

右手親指をグリップの真上に乗せているひと・・

 

確かに、力を入れやすく、

スライス防止のためにしているのかもしれませんが、

しっかり振れるようになって、距離もでてくると、

やはり弊害がでてきます。

 

80台をめざすなら、やはり、スクエアグリップにしたほうがいいでしょう。

つまり、ゴルフに最適で、理にかなったグリップです。

 

しかし、スクエアグリップといっても、一通りだけではありません。

 

体の骨格も、手の大きさもそれぞれ違います、

私の考えるグリップは、

左手については、左脇が軽く締まる握り方であり

右手は上からしっかり打てる握り方で、

フェースの向きを感じ取れる握り方です。

 

そして、出来るだけソフトに握るということです。

 

基本は大切にしながら、自分に合ったグリップを、

微調整を重ねながら、研究してみてください、

なんとも最初は、違和感だらけで気持ち悪いでしょうが、

これは慣れるしかありません。

 

あともう一つ、ショットに関して、グリップを

短く持つということも覚えて下さい。

 

多くのアベレージゴルファーは、概してどんなショットでも、

グリップをグリップエンドまで、めいっぱい持っています。

 

斜面、バンカー、アプローチ、距離の調節など、

覚えればゴルフの幅が拡がります。