読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

あなたのスイングに向いているスタンス幅は?

スポンサーリンク

 

ドライバーのスタンス幅が、少し広すぎでは

ありませんか?

 

 

スタンス幅が広いと、プロみたいな体力のない我々は、

捻じるというより、ただ左右に揺れるだけの、

力の溜まらないスイングになってしまいがちです。

 

広いと、テークバック時、体は右に流れにくくなりますが、

今度は、左にうまく移動させることが難しくなったり、

飛ばそうと力みが入ってしまうのです。

 

手を思い切り使いたくなったり、

インパクトのタイミングがずれたりしもします。

 

又最近のドライバーは、クラブも長くなり

ヘッドも大型化していているため、

振り遅れが生じて、スライスが発生する恐れも

あります。

 

スタンス幅が狭い方が向いている人

 

大きいスイングアークで、ゆったり振る人

 

フットワークをうまく使えない人

 

腰が滑らかに回せないと感じる人

 

力みが入り、フィニッシュが、しっかり取れない人

 

f:id:t6911:20170130135132j:plain

 

 

スタンス幅が広い方が向いている人

 

ダウンスイングで、下半身の回転スピードが速い人

回転が速くなればなるほど、軸が横にズレる可能性があり

それを防ぐためでもあります。

足首、股関節に柔軟性が非常に高い人

 は、スタンスが広くても、スムーズな

 体重移動が可能でしょう。

 

向いている、向いてないじゃなく、 

若く、運動経験がある人で、とにかく飛ばしたい人は

 スタンス幅が広い方が、いいでしょう!?

 

 

松山英樹プロもスタンス幅は

広めですが、凄いですよね、胴回りとあの太腿、

鍛えられたあの強靭な体幹と下半身が

素早い体重移動を可能にしているのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただし、これは一つの目安です、

万人に共通するものではありません。

 

皆さん、自分が打ちやすいスタンス幅を無意識に

取っているわけですが、練習で、いろいろ試してみて

自分にしっくりくるスタンス幅を見つけて下さい。

 

まず自分の肩幅にスタンス幅を合わせて振ることから

始めたらいいでしょう。

f:id:t6911:20170117133811j:plain

 

狭いスタンス幅がどうしても違和感があるという人、

力感がもの足りないと感じる人は

スタンス幅はそのままで、

両足つま先を少し、拡げてみる方法もあります。

 

提案ですが、スタンス幅の広い人も

ラウンド後半は、若干、スタンスを狭めに

した方が、ミスは少なくなると思います。

 

普段、あまり鍛えていないアマチュアは

後半、下半身が疲れてスムーズな体重移動が出来なかったり、

傾斜に対して、正しくアドレスが取れなくなる可能性が

あるからです。

 

スタンス狭めで、コンパクトなスイングを

心掛ければ、大きなミスはしないはずですよ。

 

www.tatsujin72.com