読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

さっさと打つ、これ意外と大事なこと。

スポンサーリンク

アドレスして、固まったままの人がいます。

なかなか、打ちません。

【日が暮れるぞーっ】て言いたくなってしまいます。

 

 

熱心で、向上心のあるゴルファーは、ラウンドの際、

『今日のテーマ』を持ち込みます。とてもいい心掛けですよね。

 

例えば、あなたは【フィニッシュを取る】をテーマにしたとします

 

ところが、実際打ってみたら、フィニッシュがうまく取れない。

 

昨日の練習場では、上手くいったのに!?

 f:id:t6911:20170214164105j:plain

 

 

あなたは、理由を考え始めます。

 

リズムが早すぎるかな?

 

テークバックをゆっくりしたほうがいいのか?

 

手打ちになっているんじゃないか?

 

体が使えてないのじゃないか?

 

あなたは、頭を抱え、泥沼にはまり込んでしまいます。

 

テーマが、追加、追加で、混乱するばかり。

 

人間は、同時に二つのことを出来るほど器用ではありません。

 

ましてや、三つも四つもは、絶対にムリなのです。

 

f:id:t6911:20161121180919j:plain

 

ゴルフスイングは、アッという間に、終わってしまいます。

 

その瞬間に、こうしよう、ああしよう、あれをしちゃダメ、

これもダメ、などと、盛り込むなんて、絶対ムリなのです。

 

球聖ボビー・ジョーンズは、こう言っています。

 

【プレー中に一つのことを考えるならOKだ、しかし、二つの

ことを考えるとプレーは悪くなり、三つ考えるとひどくなる】

 

 

ラウンド中は、欲張らずに一つのことだけに、

意識を集中させましょう。

 

二つ目の追加テーマは、最初の一つが

意識せずとも出来るようになってからです。

 

 

じっと動かないでいると、いろんな雑念が

入り込んできます。

 

ナイスショットのためにも

ゴルファー仲間や、他のプレーヤーに

嫌われないためにも、さっさと打ちましょう。