達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

達人のメンタルゴルフ

ゴルフには、上げる動作や運動はない、こんな逆療法もアリかも?

なぜ、ビギナーやアベレージゴルファーには、 ボールを上げようとする人が多いのか?

アマチュアのパーは、2オン2パットじゃなく、3オン1パットが最高だ!

初めから、3オン1パットのパーを狙おうよ! パー4で、綺麗な2オン2パットじゃなく、 初めから、3オン1パットのパーをです。

あなたの本当の飛距離は?むしろ飛ばない方だと自覚したほうがいいかも!

「オレの飛距離は、250ヤードくらいかな」と シレッと語る人がいますが、 本当かな?

リズムよくスイングする秘訣!クラブの重さ感じてる?

コースに出れば、 「飛ばしたい」、「グリーンに乗せたい」と欲がでるし、

リスクを避ける、ドライバーをもたない勇気。

何が何でも、ティーショットはドライバーですか?

ゴルフはチョッピリ、恋愛に似ている?!

一般のアマチュアゴルファーは、 一応、フェアウェイのセンターを狙って ドライバーショットを打っていると思うけど、

夏場のゴルフの注意点、なめたらダメですよ。

毎日暑い日が続いています。 あなたの住む街はいかがでしょうか? 夏日どころか真夏日の日もあり 季節外れというより、もう夏のような気候です。

あなたは、まんまとコースの罠にはまっている!?

マッチ棒をTの字に組んで横軸と縦軸とどちらが長く見えるか、 という実験をあなたも一度は目にしたことがあるでしょう。

PAR3で大叩きしない考え方はこれしかないね!

あなたはPAR3 ホールが得意ですか? それとも苦手にしていますか? 生まれてはじめてのバーディを

ゴルファーよ、書を捨てコースに出よう。

そろそろ殻を破りませんか? あなたのマンネリゴルフ

ベン・ホーガンの教えはスタレナイ。

ダウンスイングでは、最短距離を振り下ろせとか、 ダウンスイングが描く円は、テークバックが描く円より 小さいとか言われます。

朝イチを失敗しない方法をおさらいしておこう。

スタートホールのティショット、緊張しますよね。 初心者ゴルファーなら尚更です。 OBは出したくないし、チョロも格好悪いし、 空振りなんか、死ぬほど恥ずかしい。

体重移動なんて言葉、忘れてしまいましょう。

体重移動(ウエイトシフト)って言葉、 ゴルフでは、よく使われますよね。 でもその言葉を意識しすぎることは スイングを難解にし、複雑にしてしまいます。

ミスショットの度、怒っていたら身が持たないよ

プロが、 ミスショットの後、クラブを地面に叩きつけたり クラブを投げつけたりする行為をたまに目にします。

もう一度、ゴルフに熱くなってみよう

穏やかに晴れ上がり、 路地を吹き抜ける風も心地良い。 何か、久しぶりに味わうような軽やかな感覚だ。

クラブ選択のヒントを差し上げましょう

ショートホールにやってきました あなたにとって、 9番では短いが、8番では大きすぎる、 いわゆる中間距離(between club)だとしましょう

あなたは、14本全部使っていますか?

コースで使えるクラブ本数は、最高14本までと ルールで決められていますが、必ず、14本使いなさいと いってるワケではありませんよね。

ゴルフスイングを、型にはめてはいけない。

ゴルフスイングはその人の個性そのもの。 人はそれぞれ体型や筋力が違います、 プロといえども、同じスイングするゴルファーはいません。

コンペに勝つための目標設定とは?

あなたも、コースを回るとき、 目標スコアを設定すると思います。 結果、目標スコアをクリアしたことは何回ありますか? 結構、少ないんじゃないでしょうか。

ハーフ休憩の有効利用、考えましょう。

前半のスコアが悪いと、今日はダメだといって 勝負を捨てるゴルファーがいます。

スコアはティーショットでは決まらない

ティーショットを失敗してもそんなにガッカリする ことはありません。

プレッシャーに勝つ、ゴルフは自分との戦い。

ゴルフは思った通りには、なかなかいかないものです。 一生懸命練習しているつもりなのに、上手くいかない。

90を切るための簡単な5つのメンタル要素

あなたは、前半好調でスコア45でした。 あなたにとって初の80台が見えてきたのです。 夢に見た80台です。 しかし、あなたはそこで、急に弱気になります。

ベストスコアは、ノンアルコールで更新だ。

前半も、あと残り2ホール、 「今日は何しようかなー?」って、 ゴルフそっちのけで、昼食のメニューが 気になっている人がいます。

オレ様が外すワケがない・・この気持ち、大切です。

あなたも、パットの練習は 自宅ですることが多いと思います。 出来れば、一日に一回はパターに触りたいものですね。

ゴルフ、小さなお土産でも持ち帰る?

昨日の「50%の…」を、見てくれた友人から、 「そうは言ったって、どうにもならない日もあるだろ!?・・」 のメール。 現実として、確かに、そんな日もあるかもしれません。

50%のナイスショットで、90は切れる

90 を、切るためには、パーが一つ取れれば あとすべて、ボギーでも切れるし、 バーディーが取れたとしたら、 もっと楽に90を切れるかもしれない。 それは、理論的には、間違ってはいない。

スランプは上達の階段の踊り場なのだ。

100を切ってからは、順調にスコアを縮めてきた。 たまに、102とか103を叩くときはあったが、 98、96、93、91と着実に進歩した。 以前より、上手くなったという実感もあった。 でもそこから、なかなか前へ進めない。

ゴルフでも、他人の不幸は蜜の味?

『他人の不幸は蜜の味』 悲しいけれど、人間の本性だし、 核心をついている。 ゴルフでもあるよね、 競ってる相手のティーショットがOB方向に一直線、 あなたはその時、どう思う?

ゴルフに恋したセツナイせつない物語

ありとあらゆるレッスン本を読んだ。 レッスンDVDも繰り返し見た。 家でも素振りをしたし、パターマットも買った。 アア、これなんだ、と思って練習場に行くと