達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

女子プロゴルファー

選ばれし32名の女戦士たちのガチンコ勝負。賞金女王の座は誰にも渡さない。

正直言えば、 賞金女王に誰がなろうが興味はない。

華やかな注目組の裏で、復活を目指す「堀琴音」の静かな闘い⛳【伊藤園レディス】

大注目はこの組であることに 間違いはないだろう。

河本結の来季を占う試合となるか?日米トッププロたちの激突【TOTOジャパンクラシック】

日米共催の女子ツアー 【TOTOジャパンクラシック】の開催です。

河本結は予選会突破で来季米ツアーへ。勝気なリボン娘の奮闘に熱視線を送る。

🎀 勝気なリボン娘がやってくれました。

再び、‘’スマイルシンデレラ‘’は世界を魅了できるのか?シブコは海外二戦目IN台湾。

今週、渋野日向子は二度目の海外試合となる 米ツアーの「スィンギングスカートLPGA 台湾選手権」に 主催者推薦で参戦する。

黄金世代からミレニアム世代へ!?先陣をきってアマチュア‘’古江彩佳‘’がプロツアー見事な初優勝。

兵庫の滝川第二高校を今春卒業し プロを目指していた古江彩佳が ツアー初優勝を遂げた。

河本結の決断にエールをおくる。米女子ツアー来季出場権を懸け最終予選会に挑戦。

2018年には国内下部ツアーとなるステップアップツアーで 4勝を挙げ同ツアーの賞金ランク1位を獲得し、 同年のプロテストにも合格。 そして今年、‘’アクサレディス‘’で早くもツアー初優勝を果たした 黄金世代の一人、

3人の「咲希」・それぞれのプロ人生。悔いなきゴルフで美しく咲け!

今は 畑岡奈紗ほど強くない。 渋野日向子ほど人気はない。 原英莉花や松田鈴英ほど華やかでもない。

⛳価値ある初優勝!華ある大器、‘’柏原明日架‘’が長い沈黙を破って覚醒したぞ。

やっと勝った。 「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」 アマチュア時代から輝かしい戦績を残し、 次代の女子ゴルフ界を背負って立つであろうと 言われた大器、

力強いストーリーを紡ぐシブコに続け!遼は名門難関コースで進撃スイッチ再点火だ!

シブコは8打差大逆転V。 やっぱ持ってるね。 本当に凄い。

遼クン、シブコ、NASA、マルちゃん。今週末はチャンネルサーフィンで大忙しだ!

‘’日本プロゴルフ選手権‘’、‘’セガサミーカップ‘’と連勝、 続く試合も13位タイ、5位と、優勝こそ成らなかったが 確かな復活をくっきりと印象付けた石川遼

シブコを育てた城下町そして作陽高校。以外!あのプロも、あの人も卒業生だったんだ。

「美作の小京都」と呼ばれる津山市。 鳥取県と境を接する岡山県の北部に 位置する人口10万の城下町である。

男子選手よ、タフな勝負師「渋野日向子」を見習いなさい!

マスコミやファンに追いまくられ 全英の疲れや時差ボケを解消する間もなく 国内ツアーに復帰した渋野日向子。

「避暑地」なんと魅惑的な言葉:軽井沢高原に再びシブ子への声援がこだまする!?

私の住む町、鳥取では最高気温が12日が38,2 度、 13日が38,3 度、そして14日が37,8度を記録、 微熱が続く風邪っぴきみたいな数字が並んだ。

達人の考察:メジャーで勝った渋野日向子、海外で結果を出せない鈴木愛、その理由を考える。

‘’100倍悔しい‘’ 全英優勝の渋野日向子に対し その試合予選落ちの鈴木愛から こぼれた言葉である。

渋野日向子の凱旋試合とこれから激しさを増す美しき戦士たちの東京への道。

メジャーチャンピオン、渋野日向子の 凱旋試合となる 「2019北海道meijiカップ」 8/9から札幌国際カントリークラブ、島松コースにて 開催されます。

快挙を支えた渋野日向子のスマイルの力。シンデレラストーリーは今始まったばかりだ。

地元イングランドの女性記者が名付けたという ‘’スマイリング・シンデレラ‘’というニックネーム、 その渋野日向子がやってみせた。

「あの子に負けてられない、今度は私が咲いてみせる‼」‘’ニッポンハム・レディス‘’ 注目選手紹介。

女子ツアーの舞台も 新緑の季節から短い夏を迎えようとする 北海道へ

達人の独断:松山英樹、畑岡奈紗に続け!これから先、世界で戦える日本人選手はいったい誰なのか?

畑岡奈紗のメジャー戴冠は 又もや、持ち越しとなった。

メジャーの悔しさはメジャーで晴らせ!畑岡奈紗が歴史に挑む、‘’全米女子プロゴルフ選手権‘’開幕!

松山英樹がダメなら 畑岡奈紗ではどうだ?

原英莉花は初優勝、池田勇太は21勝目。アメリカで闘う松山英樹と比嘉真美子は日本人祭りに花を添えるか?

今週の日米、男女ツアーは 見どころ満載で、 どれを取り上げたらいいか迷うほどだが、 まずは、国内男子から。

黄金世代の見つめる先は世界だ!メジャー第3戦「全米女子オープン」に挑む勝みなみ、新垣比菜らの現在位置は?

最終日、テレビに映るのは、若く、溌剌とした 選手ばかり、 ‘’令和は、もう私たちの時代よ‘’と 言わんばかりの黄金世代の躍動だ。

躍進の黄金世代・次に初優勝を飾る選手は、ズバリ、飛ばし屋美人「松田鈴英」だ。

女子ゴルフ界を席巻している 20歳前後の黄金世代と呼ばれる選手たち、 目覚ましい活躍である。

チャンスをしっかりモノにした渋野日向子とすぐにでも勝てるだろうと言われ続けてきた柏原明日架。その近くて遠いもの。

黄金世代からまた一人 モンスター級の新星が現れた。 日本女子ツアーのメジャー ‘’ワールドレディスサロンパスカップ‘’で 初優勝を飾った渋野日向子だ。

「令和」になった今、30年前を振り返ってみた。‘’平成元年(1989年)‘’の日本女子プロゴルフツアーの美しくも逞しき戦士たち。

「令和」を迎え、女子プロゴルフツアーは ますます選手層も厚くなり その中でも20歳前後の若手の活躍が目立つ より華やかなフィールドとなった。

圧巻の63、川奈をねじ伏せた申ジエの本当の強さ、令和元年の賞金女王争いは面白いぞ!

アメリカツアーに参戦時の申ジエの ニックネームは、 最終ラウンドで無類の強さを発揮することから 「Final Round Queen」でした。

達人の休日:鈴木愛が高校時代に通いつめたゴルフ練習場へ行ってみた。

前回は鳥取県中部の倉吉市の「赤瓦」を 訪ねた内容の記事を投稿したんだけど、 実はもう一つ倉吉市に出かけた理由が あるんです。

畑岡が追いかける米ツアー17勝のレジェンド、岡本綾子。その華麗なるスイングの秘密を探る。

日米で、黄金世代が輝いた。 日本ツアーでは河本結が初優勝を飾り、 米ツアーでは、畑岡奈紗が初の4日間大会を制した。

アッパレだ!河本結。女子プロ界の勢力図を塗り替える、美しき若手プロたちの揺るぎない気概。

堂々としたもんだ。 勝ち慣れたベテランプロのような 落ち着いたプレーぶりだった。 「アクサレディスゴルフ」を制したのは ルーキーの女子大生プロ、 河本結。

渡邊彩香、松森彩夏、堀琴音は‘’もっともっと病‘’か?試合に出ることの意味と格闘して黄金世代に立ちはだかれ!

国内女子ツアーが開幕して3戦を終え、 初戦のダイキンオーキッドでは比嘉真美子、 2戦目のPRGRレディスは鈴木愛、 3戦目のTポイントENEOSでは上田桃子が勝利を挙げ 日本勢3連勝を成し遂げた。 一方、ここ数年コースの内外で