達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

女子プロゴルファー

「松山さんだけじゃありません。藍さん、あとは任せてください」⛳畑岡奈紗、米ツアー初優勝!

ついにやってくれました。 畑岡奈紗、 ⛳ 優勝です!! 【ウォルマートNWアーカンソー選手権】 19歳162日での初勝利は、 日本勢として最年少の記録です。

世界クラスの‘’ドライバーショット‘’は一見の価値あり!ジャンボの最後の弟子、原英莉花から目が離せないぞ!!

そろそろ来そうな 注目の新人選手を紹介しましょう。 ゴルフ好きなら、もうご存知かもしれませんね、

全米女子オープン予選終了、気になる達人の予想は?そして、メジャーで戦うことの意味とは?

ゴルフに興味があって、試合もよく観ている人なら、 選手の実力は、何となく測れるし 上に上がれる選手、下でウロウロする選手は ある程度予想出来る。 しかし、スポーツの面白さの一つは、予想を 裏切られることでもある。

全米女子オープンに、日本勢9名が挑戦!果たして何人が予選突破でき、そして誰が優勝争いに絡めるのか?達人の予想は?

第1回大会が1946年と、最も長い歴史を持つ大会である、 アメリカ女子ツアーの今季メジャー第2戦、 【全米女子オープン】 開幕です。

「上原彩子」という生き方・・・アメリカの広大な大地を吹き渡る風のように・・・

宮里藍、諸見里しのぶ、宮里美香、比嘉真美子、 新垣比菜ら、多くの女子プロゴルファーを 輩出している沖縄。 特に、最近は、比嘉真美子と新垣比菜の活躍が 目立っていますが、 もう一人、沖縄出身の頑張っているプロがいるんです。

アメリカでの居場所を見つけた畑岡奈紗。彼女が持つその‘’気配‘’は、勝利が近いことを知らせてくれる。

あと一歩だった。 それでも、霧の中でもがいていた畑岡奈紗に 明るい光が差しこみ、目の前に行くべき道が はっきりと映し出されたような今回の戦いだった。

黄金世代のトップを切って、新垣比菜が初優勝!89期生ら若い世代が躍動、世代交代も近いのか?

耐えた、 粘った。 2018 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 鈴木愛の猛追をかわし、

姉妹プロゴルファー達の明暗、女性としての人生とプロとしての葛藤、琴音と杏香の道。

先週の日米女子ツアーは、ともに姉妹選手の健闘が光った。 米女子の【ヒューゲル= JTBC選手権】では、 姉のモリヤ・ジュタヌガーン(タイ)がツアー初優勝を遂げ、

ゴルフ人生最大のピンチを迎えた堀琴音に、今、かける言葉。

どうした? 堀琴音

宮里美香が証明してみせた。飛ばない人がタフなコースと戦うマネジメントと必要なコト。

2打足りなかった。 わずかともいえるし、 この2打が限りなく遠いともいえる。

波乱の展開か?ニューヒロインの誕生か?フジサンケイ・レディスクラシック開幕!

37th フジサンケイ・レディスクラシック

アン・ソンジュに学べ!アマチュアがショートホールで失敗しない「心持ち」とは?

強いね、アン・ソンジュ 今季すでに2勝目で、通算25勝目の達成だ。 ショットの巧みさが光ったし、 アプローチやパターも安定してた。

アクサレディスゴルフ:テレサ・ルーを姉と慕う女神が勝利。泣くな!桃香、すべては敗北から始まる。

アクサレディスゴルフトーナメント IN MIYAZAKI UMKカントリー倶楽部 2日目を終わり、 10アンダーでトップに立ったのが、 ツアー新人で、地元宮崎出身の三浦桃香、 2位が、9アンダーでぺ・ヒギョン、 3位タイに、初優勝後進境著しい森田遥、飛ばし屋葭葉ルミ…

鈴木愛の揺るがぬゴルフと苦悩する美人プロ4人それぞれの道

先週の‘’Tポイントレディス‘’では、 鈴木愛が追いすがる全美貞を1打差で振り切り、 今季初優勝を飾った。

ひさびさ予選突破で、再び歩みだした斎藤愛璃、楽々突破の岡山絵里、最終日の戦いは?Tポイントレディス。

‘’Tポイントレディスゴルフトーナメント‘’ 1オーバー、26位タイ。 斎藤愛璃にとっては、久しぶりの予選通過である。

ツアーの表舞台から消えた!?斎藤愛璃、復活の力強い第一歩を踏み出せるのか?Tポイントレディス開幕!

2012年、ツアー11戦目での優勝は、 日本人選手としては最速記録で、 プロテスト合格翌年での勝利は、 女子ツアー史上初の快挙、 斎藤愛璃のデビューは 美人プロの称号も加えて、華々しいものでした。

そろそろやって来るぞ、浪花のダイナマイト娘、岡山絵里。覚えておいてください!

⛳ 岡山絵里 今年プロ4年目の大阪生まれのプロである。 女子プロにふさわしい表現かどうか分からないが、 無口な職人タイプで、プロらしいプロである。 つまり、派手さはないが、 玄人好みの雰囲気を持っているということだ。 レギュラーツアーでの優勝はまだ…

‘’愛‘’の猛追をかわし、‘’アン・ソンジュ‘’が、貫禄見せつけ通算24勝目。南国高知に、‘’さくら‘’も魅せた。

ヨコハマタイヤ・PRGRレディス 会場は、南国、高知の『土佐カントリークラブ』

フィル・ミケルソン、ミシェル・ウィー、諸見里しのぶ、イ・ミニョン、・・不屈のゴルファーたちの復活!

フィル・ミケルソンが 5年振りの勝利、ツアー通算43勝目を挙げた。 若く強い選手たちが割拠する この、とてつもなくハードなフィールドで、 47歳が勝った。

【百花繚乱】・・さあ女子ツアー初戦開幕です、今年の達人イチ押し新人美人プロは?

女子ツアー国内初戦の ‘’ダイキンオーキッドレディス‘’(琉球GC)が開幕。 今年も、イ・ミニョン,申ジエ、キム・ハヌルら 実力派韓国勢に、日本選手がどう立ち向かうかという 図式には変わりないでしょう。

「ホンダLPGAタイランド」堀琴音の大叩き・・自信喪失?芝の違いってそんなに大きいの?

初日82、二日目85、 最下位で二日間の戦いを終えた堀琴音は、 3日目のスタート前に棄権、 予選落ちのないこの大会で、自らコースを去った。

達人の、今季イチ押し女子プロゴルファーは、ズバリ!はつらつスマイルゴルフの『堀琴音」だ。

達人の、今季期待の女子プロゴルファーは、 ズバリ、 堀琴音だ

‘’レジェンズツアー‘’って耳にしたことある?? 往年の名選手が、今でも、若々しいプレーをみせています。

「レジェンズツアー」って知ってますか?

美人プロ、人気選手が揃ってシード落ちか? 華やかさの裏にある女子プロたちの葛藤。

賞金女王の話題で盛り上がる一方、 より熾烈といえるのが、プライドと生活を賭けた 来季シードの争奪戦である。

TOTOクラシック開幕!ファッション、飛距離、大注目はこの組だ!

日本で開催される唯一の米国女子ツアー、 【TOTOジャパンクラシック】の開幕です!!

人気沸騰確実!実力派新人プロ永井花奈、涙の初優勝。

「樋口久子三菱電機レディス」の最終日は、 台風のため中止となり、3日目までの最上位、 永井花奈がそのまま優勝となった。

申ジエには脱帽だ。日本の美人プロたち、勘違いするな!森田理香子は復活か?

また、強い申ジエが戻ってきた。 最終日は、もたつきながらも 3日目までの大量リードを守り切り、 今季初、通算14勝目を挙げた。

あなたのドライバーが飛ばない原因はこれかも!?アニカ・ソレンスタムって覚えてる?

ゴルフを始めた時に、よく言われること、 「ヘッドアップしちゃダメ!」 「ボールをよく見て!」 貴方も、きっと言われたことあると思います。

次代のスター候補たちが、実力通りプロ合格、昨年のトップ合格、永井花奈にも大注目せよ!

黄金世代の受験で、注目を浴びた 日本女子プロゴルフ協会の最終プロテストが終了し、

混戦を制したのは、トブンダ使用の飛ばし屋、キラキラネームの詩(ララ)だった。

女子ツアー、 センチュリー21レディスゴルフの最終日、 韓国人選手の3戦連続優勝を阻んだのは、 キラキラネームの あないらら(穴井詩)でした。