達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

プロゴルファー

カナディアンオープン開幕、石川遼のスイングを見ることの幸せ。

今週のPGAツアーは、 1904年から開催、長い歴史を持つ カナダのナショナルオープン、 RBCカナディアン・オープンです。

信念の23歳、スピース圧勝。残りは全米プロ、キャリアグランドスラム達成なるか?

メジャー第3戦、全英オープン、 残念ながら、松山英樹のメジャー初制覇は ならなかった。

混戦を制したのは、トブンダ使用の飛ばし屋、キラキラネームの詩(ララ)だった。

女子ツアー、 センチュリー21レディスゴルフの最終日、 韓国人選手の3戦連続優勝を阻んだのは、 キラキラネームの あないらら(穴井詩)でした。

最強のゴルファーは誰?全英オープン開幕です。松山の組に大注目!

メジャー3戦目、 メジャーの中でも最も歴史、権威のある 全英オープンが、いよいよ開幕です。

全米女子オープン、大統領が観戦?今さらながら、岡本綾子の凄さを知る。

全米女子オープンが開幕しました。 メジャーの中でも最高峰の大会で、 今年で72回目の開催です。

今平周吾の強さを、上半期のスタッツと独特のスイングから全解剖してみた。

今、売り出し中の、新鋭プロ、今平周吾、 先週の試合では、惜しくも3位に終わったが、

我が心の師、伝説の名ゴルファーの教え、今頃になってわかる。

もう20年程前のこと、 プロゴルファーに、 数回だが、レッスンを受けたことがある。

プロが「とりあえず、予選通過が目標」なんて言ってるうちは・・

試合前のインタビュー、 「とりあえず、予選通過を目標に・・・。」 こう答える新人選手がいますよね。

鈴木は魅せた、不動は観せた、そして、アンシネは真のプロ?

【アース・モンダミンカップ女子ゴルフ】 鈴木愛が、通算18アンダーで、今季2勝目を挙げた。

目からウロコ、左足の踏み込み。華やかな女子プロとレジェンドが。

女子ツアー、アースモンダミンカップ初日の テレビ中継を見ていたとき、 ラウンド解説の茂木プロから、 イ・ボミ選手のダウンスイングの時の

悔しさも、松山は世界ランク2位に浮上、優勝したB・ケプカとの因縁は?

松山の全米オープンが終わった。

玄人好みのテレサ・ルー、強さの秘密はこれだね。

女子ツアー、ニチレイレディースは テレサ・ルーが、2位に5打差をつけ、貫禄の勝利。

全米オープン、松山はメジャー初制覇を視界に捉えた!

さすがと言っていいでしょう。 全米オープン2日目、松山英樹は、大爆発した。

古希を迎えた天才ゴルファー、ジャンボは一体どこへ向かう?

脊柱管狭窄症のため、腰が折れ曲がり、時折 クラブを杖代わりにコースを歩くジャンボを 見るのは辛い。

琴音と琴乃、宮里藍が教えてくれたこと。

堀琴音が キム・ハヌルと最終ホールまでもつれる好勝負をみせたが、

日本最強メンバーが挑む全米オープン、千葉との関係は?

来週は、4大メジャー、 (マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権) の一つ、全米オープンが、ウィスコンシン州の

85を勲章にしろ!渡邊彩香は一皮むけるはず!

え、渡邊彩香が85を叩いたって!? ビックリですよね。 ヨネックスレディースの土曜日の ラウンドです。

宮里優作の飛距離の秘密はこれでしょう。

先週の日本男子ツアーのメジャー初戦、日本プロゴルフ選手権大会 「日清カップヌードル杯」は、地元沖縄出身の宮里優作が歓喜の優勝を 飾った。

ループスイングの鈴木愛が母に贈ったプレゼント

今週の女子ツアー、ほけんの窓口レディースは、 鈴木愛が二位に2打差を付け今季初優勝、通算4勝目を 飾った。

石川遼の深い苦悩、達人の憂鬱・・

石川遼が、もがき苦しんでいる。 久しぶりに予選を通過したテキサスオープン、

どん底を見た河村が、シニアの舞台に戻ってきた

シニアトーナメント、ノジマチャンピオンカップは 真板潔が井戸木鴻樹とのプレーオフを制し、シニア開幕戦を 勝利した。 そして、優勝スコアと1ストローク差の3位タイには、 私には、とても懐かしい名前があった。

不屈のプロゴルファーが教える、ありがとうのゴルフ

明日から、ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメントが始まり、 いよいよ今年のシニアツアーの開幕です。 シニアプロと言えば、 私には忘れられない一人のプロゴルファーがいます。

今週は、確かに、チーム芹澤のものだった。

男子ツアーの東建ホームメイトカップは、中国の 梁津萬が16アンダーで優勝、ツアー通算2勝目を挙げた。 優勝には届かなかったが、私の期待の藤田寛之は、 11アンダーで、4 位タイに食い込んだ。

いよいよ国内初戦開幕、星野陸也に注目だ。

すでに男子のツアーは、海外で2戦を終え、 13日から始まる東建ホームメイトカップで、 国内初戦が開幕する。

美しい勝者と敗者、松山の夢は終わらない。

最終日、最終組の2人、ガルシアとローズの優勝争いは プレーオフ最初のホールで、バーディを奪った、 メジャー挑戦74戦目の、ガルシアに悲願の栄冠をもたらし、 今年のマスターズは幕を閉じた。

なぜ、松山は優勝争いに絡めなかったのか?

ゴルフファンならずとも、多くの日本人が 期待していた3日目の松山。 残念ながら、優勝には程遠いトップとの10打差。

パットの名手、スピースの相性の良さは見逃せない

マスターズの舞台、オーガスタのグリーンは ガラスのグリーンと言われます。

アーメンコーナー、D.Jはフェードを打つのか?

待ちに待ったマスターズの開幕です。

なぜ、イ・ボミはアメリカで結果を出せないのか?

アメリカ女子ツアーのメジャー初戦、ANAインスピレーションは、 韓国のリュウ・ソヨンがレクシー・トンプソンとのプレーオフを制し, 自身2度目のメジャー優勝を達成した。

バックナイン、最終組の3人はそれぞれ凄かった。

日本を代表する名匠 井上誠一氏の集大成といわれる 葛城ゴルフクラブで行われたヤマハレディースオープンは 韓国のイ・ミニョン選手の 日本ツアー初優勝というかたちで幕を閉じた。

達人期待の、柏原明日架は覚醒したか?

先週の女子ツアー、 アクサ・レディス・ゴルフトーナメントは、 若林舞衣子が5年ぶりの優勝を勝ち取り、 先々週の菊池選手に続いて、 2週連続の日本人選手の優勝となった。 まるで韓国人選手の呪縛が解けたかのようだ。

谷原秀人、稀勢の里、アッパレ、そしておめでとう。

私は、ゴルフに限らず、スポーツ全般に興味があり、 それは、大相撲においても例外ではありません。

もうすぐ、松山の「マスターズ」が始まる。

WBCも終わった。 残念だけど、小久保監督も言っていたように、 これが一発勝負の怖さなのだろう。 勝負は時の運。 勝つチームがあれば、負けるチームもあるということ。

絵里香が勝った、桃子と琴乃も頑張った!

菊地絵里香が、昨年10月から続いていた 外国人選手の連勝を8で止めた。 大会レコードタイの14アンダーの完全優勝だった。

大好きな遼クンにあえてモノ申ス。

バルスパー選手権、最終日 石川遼選手は81を叩いて、屈辱の最下位に沈んだ。

森田理香子のプレーを見るのがスキなのだ

森田理香子が予選を突破した。 最終日の今日はどんなプレーを見せて くれるのだろうか?

ドローを打ちたきゃ、ロレーナを真似しろ。

アベレージゴルファーのスライスの最大原因は ダウンスイング時、クラブヘッドがアウトサイドから 下りてくる、つまりカット打ちであろう。

今年のゴルフ界はどうなる」?達人の期待の選手は?

待ち遠しかったゴルフシーズンが もうすぐやってきます。 今年、あなたの注目ゴルファーは誰ですか?

スポーツ回顧:鈴木愛と石浦とモンゴル?

購読している地元の新聞に「スポーツ回顧 鳥取県2016」という記事が 載っていました、その中の、とりわけ大きな写真が、私の目を引きました 女子プロゴルファーの鈴木愛です。 鳥取県出身ではないけど載ってます。 鈴木選手の出身は、実は徳島県で、高校が鳥…

男子プロゴルフツアーについて考えた

2017年シーズン男子プロゴルフツアー日程が発表されました。 試合数は、今季と同じく26試合、賞金は今季より 約8600万増えて、約35億9475万だそうです。 やや下げ止まりといった印象でしょうか? 今まで最も試合数が多かった年は、1990年の44試合。 ジャンボ…

チャンピオンズツアーがやってくる。

先日、アメリカシニアツアー(チャンピオンズツアー)が、日本で 初開催されるという報道がありました。 日程は、来年9月8日から3日間、場所は、千葉県の成田ゴルフ倶楽部。 又、その大会には、推薦で、日本人選手8人も出場するとあり、 今から、とても楽し…

男子ツアー部門別ランキングを見て・・

今季の男子ゴルフツアー部門別順位が発表になりました。 賞金ランキング10位までは、以下のようになっています。 池田勇太 2億790万1567 谷原秀人 1億7190万2867 金 庚泰 1億1371万4688 宋 永漢 9156万2130 片岡大育 8601万9113 小平 智 8367万4671 松山英樹…

申 ジエ選手を真似てみた

サイドブレーキを引いた時、車のフロントガラスは まだ曇ったままでした。 朝もまだ早いせいか、誰一人いない、練習場です。 透き通るような静寂のなか、 「ガタン」・・・。缶コーヒーが落ちる音が響きました。 さあて、練習です。 私のここ最近のテーマは…

女子ゴルフ、韓国人選手の強さとは・・

1対15で、韓国に完敗! 堀琴音がただ一人、引き分けに もっていくのが、精一杯。 4ツアー対抗女子ゴルフの優勝決定戦です。 まあ、負けるにしても程がある、って思った人は私だけじゃ ないでしょう。負けても二位って?、そもそもアメリカツアーは参加 して…

谷原秀人も人の子だったー最終ホールの3パット

やっぱり、パットの名手、谷原秀人といえども、人の子だった。 レベルの差こそあれ、パターンとしては、よくある3パットでした。 日本シリーズ、3日目、最終18番、PAR3. 谷原のティーショットは、引っ掛けぎみで、グリーン左バンカー、 ピンチを迎えました…

森田理香子は何を見ているのか?

今季の国内女子ツアーは全日程を終了しました。 2013年の賞金女王、森田理香子が苦しんでいます。 その賞金女王での3年シードも切れ、今年は、賞金ランクも 69位に沈み、賞金シードも獲得出来ませんでした。 体格にも恵まれ、下半身の強さや肩の柔らかさは群…