読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

傾斜のあるグリーンでタッチを掴む方法とは

あなたはパットのタッチはどうやって だしているのでしょう?

パットは入るか、入らないか。形はどうでもいい。

真っすぐ引いて真っすぐ出す というパットのストローク。 理想とされていますが、あなたは出来ていますか? 簡単そうで、実に難しいですよね。

パッティングで、勝負できるゴルファーになる

アマチュアが出演しているゴルフ番組を見ていて、 残念に思うのが、短いパットを外す場面が 非常に多いことだ。

パットはタッチやラインじゃなく芯で打つこと

パットの上手いゴルファーに共通すること、 それは、常にパターの芯でボールを捉えていることです。

パットは技術より、リズムとテンポ。

パットにあまり時間を掛けるのは、 どうなんでしょう?

パター名人の教え、パットはいい加減でいい。

私の友人にパットの名人がいる たとえ、入らなくても常に入りそうなパットを打つ。 羨ましいかぎりだ。

パットはカーン?

3パットをしない方法? 難しいですね、 カップを大きなバケツに見たてて打つ? ラインを読み間違えない? 傾斜があれば、上りのラインを残す? それとも、1パットで入れるつもりで打つ? どれも簡単では、なさそうです。 そうです・・・ 3パットは、上手い人…

パットは想像力

パターを打ち出す方向は、当然カップに向かってですが、 グリーンに傾斜がある場合は、話が違ってきます。 前後左右から観察し、どれくらい曲がるのかを判断します。 その曲がりの頂点に打ち出します。 スタンスも、その頂点に合わせます。 打ち出す強さは、…

パットはMY 物差し

100前後の方は、 左右に大きくパットがぶれることは無いと思いますが、 なかなか縦の距離感が合わないのでは、ないでしょうか。 いつも、カップだけ見て、「大体、これくらいかな?」で、 打っていてもいつまでたっても、距離感は身に付きません。 まず、右…

芝目と傾斜

グリーンには上りと下り、 芝目(順目、逆目)があります。 現段階では、芝目は無視して構いません、 ただ、結果を大きく左右する上り、下りだけは、 しっかりグリーン上でチェックして下さい。 そして必ず、カップを挟んだ反対側にも廻って、 傾斜を見る癖…

少しオープンに

ショートパットに関して、すぐに結果を欲しがってはいけません。 「お先に」と言って、ポロリと外すゴルファーは多い。 。。。(そういう私も、ショートパットが大変苦手でした) ダボやトリプルパットは意外と簡単に入るのですが、 パーを取りたいとか何と…

イメージを確定させる

ボギーオンを果したら、 あとは2パットであがらなくてはならない。 しかし、必ず2パットであがるということは、 そんなに簡単なことではない。 まず、1パットであがれそうな距離こそ、 確実に2パットで収めること。 2パットでも難しいと思えるような距離は …