達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフテクニック

飛ばしたければ、左手でピストルの引き金を引く!?

物騒なタイトルになってしまいましたが、 この「ピストルの引き金を引く」というフレーズは

スイングを、よりシンプルにするとっておきの方法、左腰の出っ張り?

バックスイングが、どうしても右サイドに 流れてしまう、 気になっている人、多いんじゃないでしょうか?

ゴルフは円運動、だからクラブは左に振り抜くんだね。

飛ばすためには、 大きなフォローが大事だと 信じて疑わないあなたは、 目標方向にクラブを放り出すように振っています。

とりあえず、バンカーから一発で脱出する方法はコレ!

ジョーダン・スピースが、 先週のPGAツアー、トラベラーズ選手権で 優勝を決めたバンカーからのチップインバーディ、

ゴルフスイングの要、テークバックについてもう一度考えた

どうも、テークバックがしっくりしない、 そんなゴルファー、多くいるんじゃないでしょうか?

しっかりつかまえる、スライス撲滅のコツを教えましょう

ボールを飛ばそうとして、ドライバーを思い切り、 力一杯振りまわすと、たいていボールは右に行きます。

飛ばしたいと思うなら、右手の力を抜くことだ!

右手でクラブを強く握って、力任せにボールを叩き、 飛ばそうとする人がいますが、

そうか!スイングをリードするのは、左膝なんだ。

下半身の動きや使い方が 大切だということは、スポーツ全般にいえるが、 ゴルフにおいてもそれは同様でしょう。

苦手な砲台グリーンをこうして攻略しよう!

砲台グリーンを狙う打ち上げのショットを 苦手としているゴルファーは多い。 距離感の把握が難しく、どうしてもショートしがちになる。

ああ勘違い、あなたはボールから離れて立っている!

ここは飛ばしてやろう、力一杯振ろうと 思うと、知らず知らずのうちに体と グリップの間隔が離れます。

新鋭、ジョン・ラームに学ぶ飛ばしの秘訣

ジョン・ラームは、スペイン出身の22歳、 アリゾナ州立大時代に、アマチュアランキング1位を獲得、 2016年の全米オープンで、ローアマチュアとなり、

風の強い春先こそ、パンチショットを覚えよう

春先のゴルフは、特に風が強い日が多い。 そんな日のラウンドに効果を発揮するパンチショットを 身に付ければ、アゲインストの風もそう怖くありません。

打つ事に夢中で、「軸」を忘れていませんか?

ゴルフには、基本となるものと、 チェックポイントが山ほどあるが、 人間の体や運動能力はそれぞれ違うので すべてのゴルファーに適合するとは限らない。 しかし、万人のゴルファーが決して疎かに してはいけないことがあります。

フェアウェイバンカーを克服する3つのポイント

フェアウェイバンカー、あなたは得意ですか? いやいや、得意なんて人、いるのでしょうか? ・・・・私は苦手だな。

飛距離アップは、引っ張り合いから!

アベレージゴルファーの飛距離不足の 最大原因がスライス。 そのスライスの原因の一つが、 いわゆる、振り遅れです。

ワッグルは、ナイスショットの短縮版?

【Waggle】・・・ ゴルフ用語のワッグルとは、アドレスで構えてから 左右の足に交互に体重を乗せたり、クラブを上下左右に 細かく振ったりして、タイミングを計る動作のこと。

まだまだ伸ばせる、ドライバーの飛距離

毎年のように、各メーカーが発売するドライバーの 新モデル。 例外なく、その謳い文句は・・・

テークバックに悩んだら、しゃがんでみれば。

テークバック・・・ スイングの中でも特に大切な部分だけに 悩みは尽きませんね。 それは、プロ、アマに限らないでしょう。

テークバック時の手の使い方は?

いつもの朝練に行ってきたけれど、 球がシャンとしない。 情けなくなる。

ヘッドスピードを上げる5つの方法

ヘッドスピードを上げるにはどんな方法が あるのでしょうか?

ダフリを止める特効薬を差し上げましょう(2)

プロのアイアンショットを見ると、 打った瞬間はカツッと音がします。

「明治の大砲」は、左腰で美スイングに変わる。

【明治の大砲】、古い言葉ですね、 昔からゴルフではフィニッシュで 体重が右に残ってしまう人をそう呼んでいます。

何故、フィニッシュが大切なのか。

【終わり良ければ、すべて良し】といわれるように、 ゴルフにおけるフィニッシュはスイングの良し悪しを 判断するバロメーターといえます。

スライスの原因はボールの位置かも?

最近どうも当たりが悪い、曲がりが大きいと 感じているあなた、 それは、スイングの問題ではなく、ボール位置の 問題かもしれませんよ?

さっさと打つ、これ意外と大事なこと。

アドレスして、固まったままの人がいます。 なかなか、打ちません。 【日が暮れるぞーっ】て言いたくなってしまいます。

雨の日のゴルフ、どうしましょう?

雨の日のゴルフ 強風下のゴルフ あなたは、どちらがラクですか?

マン振りしても、ロクなことはないのだ。

あなたは、やっぱりマン振りしないと ゴルフをした気にならないのでしょうか? 7割スイングでは、物足りませんか?

飛ばすためには、トップを大きくしない?

ゴルファーのスイングは、100人いれば、100通りある。 似ている(似せている)スイングはあるけれど、 全く同じスイングの人はいない、 それは、アマチュアもプロも同じである。

テークバックのきっかけはコレ!

テークバックの始動のタイミング、きっかけで 悩んでいませんか?

あなたのスイングに向いているスタンス幅は?

ドライバーのスタンス幅が、少し広すぎでは ありませんか?

飛距離を伸ばす切り返しのコツはこれだけ。

アマチュアは、トップの形が気になる人が多い。 私の友人にも、ショットの前に必ず、 一旦、クラブをトップまで持っていき、 トップの収まり所と左手甲が折れていないか 確認する人がいる。

アプローチシャンク病を克服する3つの治療法

気温はマイナス1度、 まだ薄暗い。 練習場のフィールドには、 雪が残っている。

飛ばない人は、左脇の締まりがない。

飛ばす人の特徴は? 体の回転と手の振り、それに加えてクラブヘッドの 動きが一体化している。 飛ばない人の特徴は?

テークバックとは、右足をねじること。

テークバックをしたとき、右膝を 動かすな、とよく言われますよね。 1ミリ足りとも、流れてはダメだという プロもいます。 そのワケは、

ゴルフスイングは、丸じゃなく四角なのだ!

●スイングは、丸じゃなく、四角なのだ! 丸く振れ!なんて、教えられてるから、 いつまでたっても、上達できないのです。

もうゴロはいやだ・・・トップを直す4つの秘密

※トップとは? トップとは、ダウンスイングで、クラブがボールの 頭を叩き、ゴロになってしまうこと。 ナイスショットとは、紙一重なんですが、 ダフりと同様、ゴルファーを悩ませる ミスショットの一つです。

FWを打ちこなす7つの秘訣。

フェアウェイウッド(FW)が使えれば、大変重宝します。 ロングホールや、距離が残ったミドルホールの2打目、 長めのショートホール、ティーショットにも使えます。 でも、このFWを苦手にしているアマチュアは多い。

コックはなぜ必要なのか?すべてお教えしましょう

※コックのイメージは、 カナズチで、右斜め上から、釘を打ちつける時の 右手の甲側に折れた角度に、似ていると言われます。

絶対にスライスしない7つのポイントはこれだ。

今日で、スライスに、オサラバです。 今年のあなたは、《去年とは、ちょっと違うぞ》ってところを ライバルに見せつけましょう。

ダフりを止める特効薬を差し上げましょう

ドスッ! イヤな感触が手に残った。 ・・・ダフってしまった。 せっかく、いいティーショットを打ったのに・・ 2打目のアイアンは、わずか、数ヤード飛んだだけ、 本当に、がっかりですね。 どうして、ダフってしまうのか?

冬ゴルフは【逃げ恥ゴルフ】が、いい!?

冬のゴルフ。 寒いのに、誘われるとつい、行っちゃうんですよね、 普段は、コタツからでるのも、とても億劫なのに。 準備は、しっかりして出かけて下さいね。 まず、服装ですが、上下のインナーと、ネックウォーマー (もしくは、タートルネック)は必須です…