達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

ゴルフテクニック

なぜ、低いトップがいいの?今どきのドライバーはレベルブローが最も飛ぶんだ!

ギアの技術の進化は目覚ましいものがある。 そろそろ頭打ちだという意見もあるが、 次々と発表される新ドライバーのカタログを眺めていると、

ゴルフスイングにも、野球の「アウトコースをセンター返し」感覚で!

ゴルフと野球、 球を打つことに関しては、 止まっている球と 動いている球との違いはあるけれど、 共通する点が非常に多い。

トップを走る選手達の今どきのスイングとは?床反力って何?

畑岡奈紗は、 若手の中でも、頭一つ抜けてる印象があるね、 スイングも力強いし、度胸、ガッツもありそうだ。 そのスイングに特徴がありますね、

年配の方、体の硬い人は必見!簡単に出来る飛ばしのテクニック。

体が硬い方や、 年をとって体力がなくなっている人が、 簡単に飛距離を伸ばす方法です。

締まったアドレスとトップを作るコツは、右ひじにあり。

‘’飛ばす気、満々です‘’ 彼のドライバーショットのアドレスをみれば、 それは、一目瞭然です。

飛距離アップ絶対保証:右足親指の動きを知るべきだ、申ジエはやってるよ。

【右足の蹴り】 この言葉、一度は聞いたことがあると思います。 しかし、この蹴りって何だ? 陸上100メートルのスタートじゃあるまいし・・

ゴルフスイング、ここを分かってないとダメなんですよ!

ショットがまとまらない人、飛距離の出ない人の 多くは、テークバックやダウンスイングを手に 頼っているようにみえる。

あなたのスライスは、スイングの問題じゃなく、グリップかも?

70%以上のゴルファーが、 スライスに悩んでいるといわれます。 一言でスライスといっても その原因は、幾通りもあります。

スイングをもっとシンプルに!そこでお尻に注目だ!

スイングを考えれば考えるほど、 果てしのない迷路にさまよいこんで行くような、 いつまでたっても、堂々巡りをしているような・・ そんな気がする。

左に突っ込みがちの人は、この2つの方法で、見違えるほどの球が打てる。

飛ばしには、体重移動だと 信じて疑わないあなたは、 バックスイングでは右体重、 切り返しでは、極端に左足を踏み込んでいます。

息を止めてない?吐きながら、リズム良くスイングしようよ!

私のゴルフ仲間の一人に、 ショットを打つたび、「ウッ!」とか「グッ!」とか 声を発する人がいます。

ティーアップの高さ、もっと気にしようよ!あなたのミスの原因はこれかもよ!

あなたは、ティーアップの高さ、気にしてますか?

ラウンド中に、テンプラやチョロが出た時の、応急処置法はコレだ!

テンプラや チョロ、 OBなどの大ケガにはならないものの、 精神的なダメージが大きいですよね。

簡単にドライバー+10ヤード②この方が分かりやすいかな?

前回の記事で、飛ばすためには、 お腹を縮める動きで、回転させると書いたのですが、

たった3点で、簡単にドライバー+10ヤード、やらない手はないよね。

体の割に飛ばない人は 実は、クラブを振っていません。

スコアがなかなか伸びない貴方は、100ヤード以内が苦手じゃないですか?

大型ヘッドに長尺のドライバー、 ストロングロフトの飛び系アイアン、

あなたのドライバーが飛ばない原因はこれかも!?アニカ・ソレンスタムって覚えてる?

ゴルフを始めた時に、よく言われること、 「ヘッドアップしちゃダメ!」 「ボールをよく見て!」 貴方も、きっと言われたことあると思います。

飛ばしたければ、左手でピストルの引き金を引く!?

物騒なタイトルになってしまいましたが、 この「ピストルの引き金を引く」というフレーズは

スイングを、よりシンプルにするとっておきの方法、左腰の出っ張り?

バックスイングが、どうしても右サイドに 流れてしまう、 気になっている人、多いんじゃないでしょうか?

ゴルフは円運動、だからクラブは左に振り抜くんだね。

飛ばすためには、 大きなフォローが大事だと 信じて疑わないあなたは、 目標方向にクラブを放り出すように振っています。

とりあえず、バンカーから一発で脱出する方法はコレ!

ジョーダン・スピースが、 先週のPGAツアー、トラベラーズ選手権で 優勝を決めたバンカーからのチップインバーディ、

ゴルフスイングの要、テークバックについてもう一度考えた

どうも、テークバックがしっくりしない、 そんなゴルファー、多くいるんじゃないでしょうか?

しっかりつかまえる、スライス撲滅のコツを教えましょう

ボールを飛ばそうとして、ドライバーを思い切り、 力一杯振りまわすと、たいていボールは右に行きます。

飛ばしたいと思うなら、右手の力を抜くことだ!

右手でクラブを強く握って、力任せにボールを叩き、 飛ばそうとする人がいますが、

そうか!スイングをリードするのは、左膝なんだ。

下半身の動きや使い方が 大切だということは、スポーツ全般にいえるが、 ゴルフにおいてもそれは同様でしょう。

苦手な砲台グリーンをこうして攻略しよう!

砲台グリーンを狙う打ち上げのショットを 苦手としているゴルファーは多い。 距離感の把握が難しく、どうしてもショートしがちになる。

ああ勘違い、あなたはボールから離れて立っている!

ここは飛ばしてやろう、力一杯振ろうと 思うと、知らず知らずのうちに体と グリップの間隔が離れます。

新鋭、ジョン・ラームに学ぶ飛ばしの秘訣

ジョン・ラームは、スペイン出身の22歳、 アリゾナ州立大時代に、アマチュアランキング1位を獲得、 2016年の全米オープンで、ローアマチュアとなり、

風の強い春先こそ、パンチショットを覚えよう

春先のゴルフは、特に風が強い日が多い。 そんな日のラウンドに効果を発揮するパンチショットを 身に付ければ、アゲインストの風もそう怖くありません。

打つ事に夢中で、「軸」を忘れていませんか?

ゴルフには、基本となるものと、 チェックポイントが山ほどあるが、 人間の体や運動能力はそれぞれ違うので すべてのゴルファーに適合するとは限らない。 しかし、万人のゴルファーが決して疎かに してはいけないことがあります。