達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アプローチについて考えた

グリーン周りアプローチのザックリを予防する簡単な【5つの法則】

グリーン周りのアプローチで、一度ザックリを やってしまうと、再度、同じような状況になったとき 又、同じミスをしてしまうんじゃないかと不安です。

ぬかるんだライからのアプローチは、より確実なこの方法でやってみたら?

前回のラウンドでも、 散々苦労したグリーン周りの ぬかるんだライからのアプローチ。

久保谷健一が教える ‘’アプローチのプロ技‘’ コックじゃなくひねるんだ!

久保谷健一プロ ご存知ですか? 2002年の日本プロ、2012年には日本オープンの メジャー2勝を含むツアー通算7勝を誇り、

格好じゃないね、結果だね、それならアプローチはこれで決まり!

「あ~あ、又、やっちゃった」、 グリーン周りのアプローチが大の苦手なあなたは、 チャックリ、大トップのオンパレードです。 (´;ω;`)ウッ…

まず覚えるべきアプローチは転がしだ、失敗しない最大のコツは?

フワッと上げる、ロブショットなんかに 憧れを持っているアマチュアゴルファーは多いが、

パーオン率が低いアマチュアは、ウェッジセッティングが鍵だね。

アイアンは、グリーンを狙うクラブなのに なかなか、乗せることが出来ない。

30ヤードのアプローチこそ、スイングの基本の習得とスコアアップを約束するんだよ!

過去にも、何度かアプローチショットの 重要性に触れていますが、 相変わらず、大きいショットの練習にばかり 時間を割いている人が多いようです。

ミケルソンにはなれないのです、アプローチはもっとシンプルにでしょ!

はっきり言っちゃいましょう、 アマチュアに、ロブショットなんて必要ないんです。

この際、アプローチを、あのグリップでやってみようよ!

レッスン書にある、ありとあらゆる方法を やってみたんだけど、

斜面のアプローチ、このコツを知っとけば怖くない。

前回はアイアンショットでの 砲台グリーン攻略法についてでしたが 今回は、その砲台グリーンへのショットを 残念ながら外してしまったときのアプローチについて 書いてみたいと思います。

とりあえずこのアプローチショットを覚えましょう

今まで幾度となく、アプローチショットの重要性について 述べてきましたが、 今回はぜひ覚えて欲しいアプローチショットを取り上げたいと 思います。 なぜ、これを取り上げたか?

もう一度言うね、ショットの基本はアプローチだよ

度々ラウンドを共にする友人たちのゴルフを 見て、とても残念に思うことがある。 それは相変わらず、

男の子だろ、たまには、ピンまで突っ込んでみろ!

アマチュアのグリーン周りのアプローチ、 ショートとオーバー、 どちらが多いでしょう?

アプローチが苦手の人はこれで寄せればいい

グリーン周りのアプローチで、絶対ダフらせたくないときの とっておきを紹介しましょう。

バンカーは、欲張ることがミスの元。

あなたの砂イチ(サンドイチ)の確率は? 砂イチとは、バンカーショット+1パットで ホールアウトすること。

まだ、サンド一本でアプローチしてるの?

グリーン周りはサンドウェッジ一本と決めつけては いませんか? そんな人は、転がす楽しみと同時にスコアアップを 自ら、捨ててしまっている人なのです。

アプローチの基本とキャリーとランの関係性

あなたはアプローチのとき、ピンまでの距離だけ見て 漠然と《これ位かな?》の感じで、打っていませんか?

アプローチスピン4つの法則

アプローチで、スピンをかける方法です。 プロみたいに、ピン奥に打ち、強烈バックスピンで ピンに寄せるのではなく、グリーンに乗ったら 2バウンド目くらいに、ピタッと止まるスピンです。

テキサスウェッジ?

残念! わずかにグリーンに届かず、 エッジまで、5ヤード、ピンまで20ヤード。 さて、貴方はどのクラブを、もっていきますか? いつも、1本のウェッジで、対応してるんでしょうか? ボールのところまで行ってみて、 ⦅これで、いけるかなー?⦆と、 何となく…

バンカーショット

逃げまくったのに、 どうしてもバンカーに捕まってしまうことありますよね。 <ピンそばにピタッ>・・そんな贅沢を言ってはいけません。 とりあえず、グリーンに乗れば良しです。 例えば、10ヤードのバンカーショットだとしましょう・・ スタンスはオープンに…

アプローチはショットの基本です

スコアのキーになる、 アプローチのおさらいをしましょう。 ショットの基本が詰まっている、 ノーコックでのハーフスイングを、繰り返します。 グリップを3センチくらい短く持ち、 振り幅は、右腰から、左腰まで、 ボールの位置は真ん中、 スクエアスタンス…

自分が持っている感覚を大切に

アプローチに対する方法論は 巷に溢れていますが、 要は、ピンに寄るアプローチが出来れば、 それが自分に合った最適の方法、技術なのです。 つまり、ドライバーショットを 遠くに飛ばすためには、 それなりの技術、体力が求められますが、 アプローチに関し…

グリーン周り

グリーン周りのアプローチ、 これが一番の肝といえるかも しれません。 スコアに直結する大切な部分です。 グリーン周りを行ったり来たりで スコアを崩しているもったいないゴルファーをよく見ます。 アプローチではコックが使えるかどうかにかかっています…