達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

スポンサーリンク

アイアンについて考えた

ゴルフが上達するための必要条件は、〇〇〇打ちをなくすこと。そしてその練習方法はコレ!

ショットの2大ミスは、 ダフリとトップだといわれますが、 私が練習場やコースで見る限り、 圧倒的にダフリのミスが多いように感じます。

ラウンド終盤のアイアンのミスショットを防ぐ、大事な3点とは?

アイアンの当たりが薄く、たとえ当たっても 弱々しく飛ばない人、 結構いるんじゃないですか?

そうか、アイアンは、やはりハンドファーストに構えるべきなんだ。

アイアンが下手な理由が、判っちゃった。

スコアアップには、8番アイアンが最適

練習場で、アイアンをとっかえ、ひっかえして 打っている人をよく見かけます。 意欲は大いに買いますが、あまり感心しません。

アイアンを上手く打つコツは、両肩の高さだった

先日、練習場でいつものようにアイアンを打っていた。 当たりはそんなに悪くない、 弾道の高さが少し物足らないだけだ。

狙うのは、常に真ん中

さて、グリーンを狙えるところまで、運んできました。 エッジまで、100Y、ピンまで120Yくらいでしょうか? 風はあまり気にしなくて良さそうです。 ショートアイアンで、狙える距離です。 練習場なら、そんなにミスしない距離ですが、 コースでは、結構こんな…

ショットの前に考える

ナイスショットで、 グリーンに乗らないのは、おかしな話です。 アマチュアは、概して、 自分の飛距離を過大評価しているようですね。 自分は、7アイアンで、150ヤード飛ぶと、 信じて疑わない人がいます。 本当なら、結構な飛ばし屋ですよ。 たとえ、そう…

ショートホール

ショートホールが苦手という人、意外と多いですね。 初心者が、初めてバーディを取る可能性が高い といわれるのがショートホールだそうです。 つまり、一回、ナイスショットを打てば バーディの可能性があるということです。 でも、大叩きしてしまうのも、シ…

大き目でゆったりと

グリーンに届かせようと、目一杯振っている ゴルファーをよく目にします。 大体、7番アイアンで150ヤードなんて誰が決めたのでしょう? アマチュアは自分を過大評価する傾向があります。 7番でしっかり130ヤード打てるようになりたいものです。 カッコいいス…