達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人の休日:城下町「鹿野」から、故‘’谷口ジロー‘’氏の心の風景「遥かな町へ」

鳥取市は今日も快晴、 予想気温も23度、 こんな日に家に籠っているわけにはいかない。 車を走らせ、西へ向かう。

‘’力を抜くからバーンと打てる‘’ 3点ゆるゆるスイングのススメ!飛距離アップ確実保証です。

今回は、脱力スイングについて。

男子国内ツアー開幕⛳「東建ホームメイトカップ」石川遼欠場のなか、その危機を救うのはどの選手だ?

こんな完璧なシナリオを 誰が用意したのだろう?

達人のラウンド報告:満開の桜の下で達人は思う、‘’少年老い易く、ゴルフ成り難し‘’

昨年暮れに 生意気に腱鞘炎なんかやっちゃって しばらく封印していたゴルフ。

世界ランクは‘’ウソ‘’はつかない!誰が勝つんだ?大混戦の「マスターズ」。松山、小平、開き直って突っ走れ!

現在の世界ランク1位から20位までの 選手と彼らのマスターズ予選終了後の順位です。

マルちゃんら有名選手が大挙シニア入りする今年、シニアツアーは、レギュラーツアーを凌駕する?

日本男子ツアー開幕の前に 日本シニアツアーが初戦を迎えます。

ゴルフの祭典「マスターズ」開幕!日本の4人の侍、このメジャー初戦に何を懸けて闘うか?

全てのゴルフファンが待ちに待った、 本格的なゴルフシーズンの幕開けを告げるゴルフの祭典 ⛳「マスターズ」がいよいよ開幕です。

畑岡が追いかける米ツアー17勝のレジェンド、岡本綾子。その華麗なるスイングの秘密を探る。

日米で、黄金世代が輝いた。 日本ツアーでは河本結が初優勝を飾り、 米ツアーでは、畑岡奈紗が初の4日間大会を制した。

アッパレだ!河本結。女子プロ界の勢力図を塗り替える、美しき若手プロたちの揺るぎない気概。

堂々としたもんだ。 勝ち慣れたベテランプロのような 落ち着いたプレーぶりだった。 「アクサレディスゴルフ」を制したのは ルーキーの女子大生プロ、 河本結。

渡邊彩香、松森彩夏、堀琴音は‘’もっともっと病‘’か?試合に出ることの意味と格闘して黄金世代に立ちはだかれ!

国内女子ツアーが開幕して3戦を終え、 初戦のダイキンオーキッドでは比嘉真美子、 2戦目のPRGRレディスは鈴木愛、 3戦目のTポイントENEOSでは上田桃子が勝利を挙げ 日本勢3連勝を成し遂げた。 一方、ここ数年コースの内外で

ゴルフゲームの原点は波乱必至!世界ランク上位64名のみの「WGCデルテクノロジーマッチプレー選手権」松山、小平参戦!

大会コースは、 1899年設立のテキサス州で最も古い名門ゴルフ倶楽部、 ⛳ 「オースティン・カントリークラブ」 名匠ピート・ダイ設計のこのコースは フロントナインとバックナインは全く別の表情をみせる。

【体重移動のポイント】力強いショットが欲しいなら、右体側の素早い回転が欠かせないんだ。

ゴルフにおいて、 ボールに力を伝え、飛距離を出すためには 「体重移動」がどうしても必要である。 「手打ち」だと、飛距離はたかがしれてるし、 ダフり、トップなどのミスも多発する。

石川遼の春はまだ遠いのか?きっかけを掴め!マレーシア/メイバンク選手権開幕。

昨年の石川遼は、地方オープンでの2勝を挙げたものの レギュラーツアーでは優勝は無し、 賞金ランクも22位と不本意な成績に終わった。

大事なことは、自分の飛距離を知ること。それを知るカギは、左肩主導のスイングにあり!

※ アイアンはフルショットをするクラブではない。 何度も何度もレッスン本で目にしたし、 何回も何回も先輩から聞かされた言葉だ。 解かってはいる。

名物17番アイランドグリーン、昨年は池ポチャ3回で予選落ちの松山英樹、雪辱なるか?「ザ・プレーヤーズ選手権」

「ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ」

達人は日本海の潮騒に耳を傾ける。人はなぜ無性に海を見たくなる時があるんだろう?

海を見たい・・ ・・そんな時がある。

松山英樹よ、本拠地オーランドで輝きを放て!マスターズ前哨戦、「アーノルド・パーマー招待」

⛳【アーノルド・パーマー/インビテーショナル】

国内シーズン開幕!沖縄・琉球GCに、ツヨカワ女子プロ大集結。「ダイキンオーキッドレディス2019 」

春到来、 いよいよ国内ゴルフツアー開幕です。

飛距離アップには、「へそ」と「右足つま先」、そして「腹筋一日50回」?

練習場で見ていると、 やはり体が使えていない人が多いようだ。 フィニッシュをとっていても、 それは、あと付け感タップリで、 体格の割に、飛距離も物足りない。

達人の休日:‘’たぬきのケーキ‘’って知ってる?遠く懐かしい味を求めて海沿いの道を・・

右に日本海を見て 車を走らせる。 例年の2月にはあり得ないほどの 暖かさだ。 エアコンも必要ない。

標高2300メートル、トッププロたちの適応能力が試される⛳「WGCメキシコ選手権」開幕!松山、小平、今平の闘いは?

⛳【WGCメキシコ選手権】 世界ランク上位など72人が出場する 予選落ちのない4日間大会である。

「いつまでも3パットってなんなん」⛳ロングパットの距離感を安定させる大切なこと!

ゴルファーの悩みの種は、 いつだってロングパットの距離感だ。

「スコアの6割は、125ヤード以内から打たれたもの」・・だったら、コレを練習しなきゃ!

久しぶりの練習場だ。 ゴルフへの情熱は いささかも冷めたわけじゃないけど、

「ジェネシスオープン」にタイガーら世界トップランカーが大集結。松山、小平は、難関10番、315Y,PAR4をどう攻略する?

⛳ 【ジェネシス・オープン】 1926年から始まったこのトーナメントは ‘’ロサンゼルスオープン‘’という名称で始まり、 以前は、‘’ノーザントラストオープン‘’や‘’ニッサンオープン‘’などの 名称でも開催された歴史ある大会です。

2019年女子ゴルフツアーは、群雄割拠の様相だ。そんな中、達人は、4人の「桃」に注目してみようと思う。

昨年度のツアーで賞金ランク50位以内を確定させ、 今季のシード権を獲得した選手の平均年齢は 26,4 歳でツアー史上最年少となった。

ゴルフの面白さはアプローチにあり!グリーン周りから失敗しない3つの約束。

「パーオン」 達成感満点の心地よい響きだ。 しかし、これがなかなか難しい。 どうしたって短いアプローチが残る。

ボク達は、もう二度とバンカーの中で立ち尽くしたりはしない。

解説者が言っていた、 「プロは、グリーン周りの厄介なラフに入れるより まだバンカーの方がピンに寄せやすいんですよ」 バンカーショットに苦手意識を持っていた頃の 私は、 「そんなもんだろうか?」 「ホンマかいな?」って、いつも思ってた。

ドライバーショットを難しく考えてない?そこは、敢えてサラッといこうよ、サラッとね!

ドライバーショットが 難しいわけがない。 ボールは草むらに隠れているわけではないし、 砂の上でもない。 地面にベタっとくっついているわけでもない。

果たして、強い松山英樹は戻って来たのか?その答えは、次週のTPCスコッツデールにある!

⛳ 久しぶりに最終日の中継を最後まで観た。 「ファーマーズインシュランスオープン」 松山英樹の最終ラウンドだ。

達人は、山陰の冬の味覚`’松葉蟹`’を食らう!

冬の代表的な味覚といえば、やはり蟹。 雄のズワイ蟹をここ山陰では「松葉蟹」と呼ぶが、 そこそこ値段も張ることもあって、 正月や何かめでたい事でもないかぎり、 なかなか私の口に入ることはない。